メニュー

患者の皆様へ

実施中の臨床研究

実施中の臨床研究に関する情報公開・オプトアウトについて

みなさまへ

当センターでは、今後の医療の発展につなげるため、診療で得た情報や試料を使って臨床研究を実施しています。これらの研究は当センターの研究倫理審査委員会で承認されています。臨床研究の中でも、国が定めている倫理指針に基づいて、対象患者さまやご家族から直接同意をいただかないものがあります。その研究については、あらかじめ内容をホームページで公開して、患者さまやご家族が情報や検体を使うことを拒否できる機会を設けています。これを「オプトアウト」といいます。ご自身またはご家族の診療情報や試料を研究で使ってほしくないと思った方は、各研究の担当者までご連絡ください。現在当センターで実施している研究については、以下でご確認ください。

国循病院で実施中の医師主導治験と特定臨床研究

詳細は、こちらからご確認ください。

重大な不適合の公表について

詳細は、こちらからご確認ください。

             

絞り込み検索

担当部門、診療科から探す

検索

  • 倫理審査承認番号:20047(T1)-3

    植込み型心電計を留置した原因不明脳梗塞患者の多施設共同後ろ向き観察研究–パート2–

    2016年9月1日から研究承認日までに、植込み型心電計留置を留置した原因不明脳梗塞患者さん

  • 倫理審査承認番号:20170162

    病理検体のアミロイドーシス病型診断コンサルテーション体制の構築

    日本全国の医療機関において、承認日から2025年3月15日の間に、生検組織採取、手術を受けた方、あるいは死後、病理解剖された方のうち、病理検査にてアミロイドーシスと診断された方。かつ、以上の方の中で下記共同研究施設に病型診断のコンサルテーションがあった方。

  • 倫理審査承認番号:2019-17-0718

    疾患コホート研究ネットワークによる疾患マーカー探索研究

    ①2003年6月から2008年3月までに47種類の病気で協力医療機関※において治療されている患者さんで「オーダーメイド医療実現化プロジェクト(第1期・第2期)」に参加された方

    ②2013年4月から2017年5月までに38種類の病気で協力医療機関※において治療されている患者さんで「オーダーメイド医療の実現プログラム(第3期)」に参加された方
    協力医療機関※ :東京都健康長寿医療センター、岩手医科大学、順天堂大学、日本大学医学部、結核予防会複十字病院、一般社団法人徳洲会、日本医科大学、がん研有明病院、滋賀医科大学、大阪国際がんセンター、飯塚病院、大阪医療センター

    ③藤田医科大学*、国立循環器病研究センター、岡山大学、金沢大学にて治療されている患者さんで、生体試料・臨床情報・解析結果の研究利用について同意されている方。
    *藤田医科大学では藤田医科大学精神神経科学で行われている「遺伝子解析によるこころの健康とこころの病気に対するかかりやすさ(発症脆弱性)や薬の効きめや副作用(治療反応性)等の解明に関する研究」に2011年4月1日年から2023年2月14日の間に参加された、双極性障害、うつ病、統合失調感情障害、統合失調症の方が本研究への参加対象者となります。

    ④国立循環器病研究センター・国立精神・神経医療研究センター・国立国際医療研究センター・国立成育医療研究センター・国立長寿医療研究センターにおいてバイオバンクにご協力いただいた方々のうち、健康な人もしくはがんや難病の病歴を持たない方(NCBN(National Center Biobank Network)コントロール群)

    ⑤新興・再興感染症データバンク事業 ナショナルリポジトリ(REBIND)の研究協力機関を受診し、新型コロナウイルス感染症、サル痘、または小児肝炎と診断された方

  • 倫理審査承認番号:2019264NI-(2)

    日本アフェレシスレジストリ

    研究許可日 ~ 2024 年 12 月 31 日の間に当院で,アフェレシス治療(血漿交換療法,血球成分除去療法,血液吸着,持続腎代替療法,腹水濃縮再静注法)を行われた方。

  • 倫理審査承認番号:2019306NI

    日本ステントグラフト実施基準管理委員会によるレジストリーデータの解析

    2006 年4 月1 日 ~ 2024 年12 月31 日の間に当院でステントグラフト治療を受けられた患者さん。

  • 倫理審査承認番号:2020-0024

    抗体関連型拒絶反応治療にIVIGを使用した症例の調査

    2001年4月~2022年3月において、本施設で下記いずれかの臓器(※)の移植後の抗体関連型拒絶反応(以下、AMR)に対する治療で静注用人免疫グロブリン(以下、IVIG)を使用した患者様及びそのドナー様
    (※腎臓(18歳未満の小児のみ)、肝臓、膵臓、膵島、小腸、心臓、肺)

  • 倫理審査承認番号:2020-286

    Fontan術後患者の全国疫学調査

    2018年~2020年の期間に当院で診療を受けたFontan術後の患者様

  • 倫理審査承認番号:2021-05-08

    遺伝的素因に基づく心房細動アブレーション後の長期的予後と予測因子の評価 Follow U p study of pa T ients U nde R going cath E ter ablation for A trial F ibrillation: evaluation of long term outcomes and predictive factors based on genetic predisposition (FUTURE AF Study)

    心房細動 またはマクロリエントリー性心房頻拍の患者さんで、 研究実施許可日 2026 年 12 月31 日にカテーテルアブレーション を行った 方を対象に 研究への参加をお願いしています。

  • 倫理審査承認番号:2021001

    カテーテルアブレーション全国症例登録研究[J-AB 2022]

    2022年1月1日以降に、当院でカテーテルアブレーション治療を受けられた方

  • 倫理審査承認番号:2022-049

    造血幹細胞移植後合併症における補体関与の探索

    2012年12月5日~2021年12月31日に大阪公立大学医学部附属病院、血液内科・造血細胞移植科で同種造血幹細胞移植をうけた16歳以上の患者

最終更新日:2024年04月17日

設定メニュー