メニュー

各部のご紹介

研究部門は、以下の部で構成されています。

分子生物学部

遺伝子を対象とする研究や遺伝子を利用した研究を通して、循環器病・難病の原因をつきとめ、診断や治療へとつながる研究を行っています。

再生医療センター

従来の治療法では効果が不十分な疾患に対する新たなアプローチとして、再生医療・細胞治療が大きな期待を受けています。我々は、独創性の高い包括的な研究開発戦略を組み、心血管再生医療の臨床の場における成功に貢献します。

分子生理部

先進的な研究手法を用いて心血管系の発生・形態形成と成熟機能の制御メカニズムを明らかにし、循環器疾患の成因解明、診断・治療法の開発へと発展させることを目指します。

分子薬理部

タンパク質の構造は機能に直結し、その異常が疾患を引き起こします。鍵となる治療標的分子の探索、そのタンパク質の構造を理解し制御することで、アンメットメディカルニーズをみたす創薬、診断法の開発を目指します。

細胞生物学部

細胞生物学部では、小型魚類ゼブラフィッシュを使って心臓と血管の生体イメージングにより、どのように循環システムが形づくられるかを調べています。

分子病態部

「血栓症」をキーワードに、あらゆる研究手法を駆使して、発症機構の解明および新たな診断法・治療法・予防法の開発を目指した研究を行っています。

病態ゲノム医学部

遺伝統計学・統計学・計算科学の手法により、ゲノムなどの網羅的オミックス情報を解析し、ヒトの疾患の原因遺伝子の探索・発症メカニズムの解明・個別化医療の実現を目指す研究を行っています。

血管生理学部

心臓と血管の恒常性維持に関わるサイトカイン・増殖因子に焦点を当てて、心臓病や慢性炎症に基づく血管病の新しい診断法・治療法の開発を目指しています。

心臓生理機能部

"あるがままの生体"の生理学的観察を基本として、心血管機能・病態の神経・液性調節機構を分子から個体への統合的視点で研究し、それを基に、新たな循環器病の治療・予防法の開発を進めています。

心不全病態制御部

マウス心不全モデルやiPS細胞などを用いて、心不全における細胞死、オートファジーおよび自然炎症などの分子機構を明らかにし、心不全の新たな治療標的の同定と画期的な治療法の開発を目指しています。

人工臓器部

人工臓器部では、最先端の人工臓器・補助循環装置の開発に取り組んでいます。これまでに、補助人工心臓や心肺補助装置など多くの革新的医療機器の製品化を達成しています。

循環動態制御部

血行動態のもととなる循環器系の構成要素の特性とその調節機構をモデル化し、モデルに基づいてこれらを論理的・定量的に人工制御する画期的な治療方法・装置を開発します。

生体医工学部

広領域の工学系研究者が、生体組織・細胞・合成材料等あらゆる素材を用いて世界初の医療機器と創薬システムを開発し、国内外の医師と協力して臨床化を進めています。

先端医療技術開発部

有効な治療への貢献を目指し、生理・生化学的機能の画像診断技術の開発を行っています。また、疾患モデル動物を使った実験的検証、さらに医療機器としての実用化を行っています。

心臓再生制御部

心臓再生制御部は心筋細胞の若返りと増殖誘導機構の研究、心臓の再生における免疫細胞の役割、心臓発生を制御する遺伝子プログラムの研究、心血管系の発生とそのイメージングなど、広く心臓の発生と再生に関する基礎研究を推進しています。最近では企業との共同研究も開始し、新たな心臓の再生医療の開発を目指す応用研究も進めています。

研究推進支援部

研究者が学術・研究活動を円滑に推進できるよう様々な支援や調整を行っています。特に、研究の企画立案、調整や情報収集さらには研究設備等の様々な研究環境を良好に維持することに貢献します。

医学統計研究部

医学統計研究部では、統計科学の研究を行うと共に、最先端の統計学の方法論を応用することにより、 革新的な医療を構築していくことを目標としています。

予防医学・疫学情報部

予防医学・疫学情報部は、循環器に関する疫学研究や人工知能応用を中心とした情報科学研究を行い、健康寿命の増進に資する知見を蓄積していくことを目指しています。

最終更新日:2022年06月27日

設定メニュー