ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 実施中の臨床研究 > 入院後進行型脳梗塞患者の病態特性に関する後ろ向き研究

入院後進行型脳梗塞患者の病態特性に関する後ろ向き研究

国立循環器病研究センター脳血管内科では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、日本脳卒中データバンクに保管している診療情報や、これまでの治療のカルテ情報から得られた研究データをまとめるものです。この案内をお読みになり、ご自身がこの研究の対象者にあたると思われる方で、ご質問がある場合、またはこの研究に「自分の情報を使ってほしくない」とお思いになりましたら、遠慮なく下記の担当者までご連絡ください。

ただし、すでに解析を終了している場合には、研究データからあなたの情報を削除できない場合がありますので、ご了承ください。

対象となる方

2001年~2015年の間に日本脳卒中データバンクに登録された方。また、2011年1月1日~2015年12月31日の間に国立循環器病研究センター脳内科に非心原性脳梗塞で入院された方。

研究課題名

入院後進行型脳梗塞患者の病態特性に関する後ろ向き研究

研究責任者

国立循環器病研究センター 副院長 豊田一則

研究の目的

発症後に経時的に症状が悪くなる脳梗塞の特徴を明らかにします。

利用する診療情報

診断名、年齢、性別、既往歴、現病歴、身体所見、頭部画像所見、治療内容、症状の経過、転帰 (退院後の情報を含む)

研究期間

倫理委員会承認日より2021年3月31日まで(予定)

個人情報の取り扱い

お名前、住所などの個人を特定する情報につきましては厳重に管理を行い、学会や学術雑誌等で公表する際には、個人が特定できないような形で使用いたします。

問合せ先

国立循環器病研究センター 脳血管内科 担当医師 園田和隆
電話 06-6170-1070(代表) (内線 8439)

最終更新日 2019年03月01日

ページ上部へ