mainVisual

ホーム > 教育制度

目指す看護師像がある。だから、しっかり学びたい

看護部の大きな特長は、一人ひとりの看護師が目標に向かってステップアップできる教育体制が整っていること。
ここには、ジェネラリストだけでなく、スペシャリストや教育者として活躍できるフィールドが広がっています。

教育体系

教育体系

新人教育 一年を通して看護師としての基本的な内容を学びます

新人教育(平成28年度例)

研修名教育目標主な研修
新人研修 複数の患者を受け持ち、安全に看護ケアを提供するための看護実践能力を身につける ・フィジカルアセスメント
・看護倫理
実務研修I 的確な看護判断ができ、チームの中で自己の役割、責務を認識し、主体的実践ができるための能力を身につける ・ロジカルシンキング
・看護実践の検証
実務研修II より専門かつ高度な看護実践ができ、後輩育成のための教育的資質を高める ・クリティカルシンキング
・ナラティブ
専門領域能力
育成研修
状況に応じた的確な看護判断ができ、倫理性の高い看護実践の遂行ができる能力を身につける ・マネジメント
・実践倫理
役割研修 リーダーとしての責務を自覚し、教育活動及び組織的役割遂行ができる能力を身につける ・実習指導研修
・チーム医療の推進

現任教育の年間プログラムと各研修の内容を現任教育委員メンバーと共に考えて企画・運営しています。
講師は、院外講師の他、CNS、院内の専門看護師(CVEN)、リサーチナース、リスクマネージャーなど経験豊富です。


新採用者オリエンテーション

学生時に学んだ基礎看護技術をもとに現場に即した看護技術演習を行っています。

演習は、副看護師長、CVENが担当します。


精神的支援

病棟をラウンドし、新人がどのような状況で働いているかを確認しています。

新採用者や病棟の看護師長・スタッフから話をきき、新採用者が職場に適応できるよう支援を行っています。

国立循環器病研究センター専門看護師(CVEN)とは

特定の教育研修を終了し、循環器病の看護分野において熟練した知識や技術を持つ水準の高い看護実践者で以下の項目が実践できることを目指す

  • 患者にあらゆる問題領域に的を絞り選択的に情報収集ができ、実践につなげることができる
  • 専門的知識と経験を基に患者個々に応じた看護診断ができ、看護計画を立案できる
  • リーダーシップが発揮でき、後輩教育・指導ができる

制度の目的

循環器領域の看護分野において、臨床経験を通して熟練した知識や技術を修得した者を一定レベルで評価し、認定することにより看護現場の質の向上を図る

認定分野

認定分野

<CVENは平成14年度から誕生しました>

認定要件

  • 看護師経験5年以上
  • 院内教育研修 履修・終了
    新人教育 必須
    実務研修I 2テーマ
    実務研修II 2テーマ
    専門領域能力育成研修 4テーマ
  • 循環器病専門看護の教育プログラムの自己評価・他者評価
  • 院外研修、学会発表、論文雑誌投稿等 合計3回の実施
  • 認定研修 20時間
  • 認定試験 (教育内容については現任教育概念図参照)

<認定試験に合格したら認定証とバッジが理事長より授与されます>

CVENからの声

  • 専門看護師として活躍する上での目標としたい
  • 生き生きと活動し、専門性を追求していきたい
  • 後輩のめざすモデルとなり、より専門性の高い看護を追究していきたい

やじるし

  • 専門看護師として認めてもらえた
  • 専門性のある知識、技術に自信を持ち看護ができる
  • 看護にエビデンスがあるため、看護師に責任をもって指導ができる

最終更新日 2017年02月06日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ