mainVisual

ホーム > 看護部理念

看護部理念

  1. あらゆる健康段階の対象のニーズを適切に捉え、最新の知識と技術をもって看護問題をアセスメントし、個別性・創造性をもって看護を実践します。
  2. 医療を取り巻く社会の変化をふまえ、良好な人間関係構築のもとに対象者の意思決定を支え、チーム医療の調整者として多職種と協働し、保健・医療システムにおける看護専門職の役割を果たします。
  3. 循環器病看護における高度専門領域に携わる看護職者として、常に自己教育に努め教育的視点を持って互いに成長し、研究的に看護に取り組み、全国への情報発信に努めます。

看護部長のメッセージ

循環器病を患われている方々へ
循環器病看護のプロとして、誇りをもって寄り添います

看護部長 三井 佐代子

循環器病看護は、生命の危機に直結した観察力に始まり、いかにアセスメントし、専門的なケアに繋げるか、質の高い看護のあらゆる「力」が求められます。循環器病看護は全ての領域別看護に通じる生命(いのち)を「看る」・「護る」原点とも言えます。
当センターの看護師・助産師達は、循環器病看護を究めようと集まり、日々学習し看護経験を通して成長しています。
看護部が掲げる3つの理念には、私たちが専門職業人として、ナショナルセンターの看護師として、どうあるべきかを具体的に謳っています。「プロとしての看護を実践すること」「チーム医療の調整者となること」「自己教育に努め情報発信をすること」です。
新人看護師・中堅看護師・各種認定を受けた者、管理・教育を専ら担う者等々・・・それぞれが各々の役割を担い協調し、お一人お一人の患者さん方への看護を通して、成長し続けています。
その中で、2019年夏、新しい「国循」が生まれます。
この新しいステージで、患者さん方の療養環境の改善、安全と安心の医療の提供、そして第一に患者さんに寄り添う「看護のこころ」を大切に、より一層看護のクオリティを追求して努力して参ります。

看護師を目指されている皆さん、
看護師として奮闘されている皆さんへ

2020年の春に向かって!

・学びたいと思う君へ
・未知に挑戦したいと思う君へ
・人生を愉しみたいと思う君へ
・社会に貢献したいと思う君へ
・そして、看護に生き甲斐をもてる君へ

循環器病研究センターが紡ぐ歴史の中で、
循環器病看護のプロとして、熱く生きませんか。

常にチャレンジし、看護の「知」・「技」を纏い、
秘めたるプライドをもって、・・・愉しみながら、
未知のステージに、大空を見上げて立ちませんか!?

  看護部長 三井 佐代子


ロゴマークに込めた願い

ロゴマークの「青」と「赤」のカラーは静脈と動脈を表すと同時に、知性と情熱、患者さんと医療スタッフ、医療と研究といった、相対する要素の結びつきを表現しています。このロゴマークのように当センターは、人と人が寄り添い、血の通った医療を目指しています。

最終更新日 2019年01月08日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ