ホーム > 診療科・部門のご案内 > 脳血管部門 > 脳神経外科

脳神経外科

診療実績はこちら

脳神経外科の概略

顕微鏡手術(マイクリサージェリー)、血管内手術(カテーテル治療)、定位放射線照射(ガンマナイフ)の3つを最高水準で提供できることが、当科の最大の特色です。脳外科専用の集中治療室(NCU)を完備し、緊急脳神経外科手術及び血管内治療については24時間体制で行っており、脳血管内科・脳神経内科と連携して急性期脳卒中診療を行っています。急性期治療以外でも、他施設より紹介される脳動脈瘤、脳動静脈奇形、もやもや病、頚動脈狭窄などありとあらゆる種類の脳血管障害の治療に取り組んでいます。特に、通常の方法では治療困難と思われる症例に対しても、手術・血管内治療・ガンマナイフを駆使した複合治療で好成績をおさめています。また、脳血管障害の治療で培った技術を生かして、良性脳腫瘍や三叉神経痛・顔面痙攣などの疾患の治療にも力を注いでいます。

治療技術を磨くだけでなく、患者さんに対して誠心誠意接することを心がけています。当科に紹介される疾患の中には、単純な治療方針では対応不可能な複雑な病態も少なくありません。患者さんに対して時間の許す限り丁寧な説明を行い、双方が十分納得した上で治療に入ります。

次代の優秀な脳神経外科医を育てることも、私達の大切な使命です。当科は、脳神経外科専門医の育成と脳血管障害の外科・血管内治療のスペシャリストの育成を目指して、全国から集結した若手脳神経外科医のトレーニングを行っています。これまでも、本邦の脳神経外科における多くのリーダーを輩出してきました。また全国の脳神経外科医を対象として、定期的に脳血管障害の直達手術と血管内治療の教育セミナーを行ってきました。研究においても、脳血管障害の分野における多くの臨床研究の中心的な役割を担い、世界に向けてエビデンスを発信しています。

施設認定

  • 日本脳神経外科学会専門医訓練指定施設
  • 日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育病院
  • 日本脳神経血管内治療学会認定研修施設

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ