ホーム > 診療科・部門のご案内 > 生活習慣病部門 > 動脈硬化・糖尿病内科

動脈硬化・糖尿病内科

診療実績はこちら


動脈硬化・糖尿病内科 集合写真
動脈硬化・糖尿病内科 多職種連携治療チーム(2017年5月撮影)

動脈硬化・糖尿病内科について

健康で長生きするためには心筋梗塞、脳卒中、閉塞性動脈硬化症などの血管の動脈硬化に基づく病気(循環器疾患)を予防することが必須です。そのためには糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満症などの生活習慣病の管理が非常に重要です。

動脈硬化・糖尿病内科は、最新の医学的知見に立脚してこれらの病気に対する専門的な診療を行い、合併症を予防することを目標にしています。特に、臨床面ではインスリン抵抗性(インスリンが働きにくく血液中のインスリンが多くなる状態)と内臓脂肪型肥満(皮下よりもお腹に脂肪が貯まる状態)を含めた肥満および脂質異常症の是正を重点的に行い、動脈硬化の進展予防に力を入れています。また研究面でも、病院の他の臨床部門、予防健診部、研究所の生化学部、病態代謝部、オミックス解析推進室などと連携して、循環器疾患制圧のために生活習慣病の病態理解とその克服を目指しています。

施設認定

  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 日本アフェレシス学会認定施設
  • 日本腎臓学会認定研修施設
  • 日本循環器学会認定研修施設
  • 日本肥満学会認定肥満症専門病院

最終更新日 2017年06月20日

ページ上部へ