ホーム > 診療科・部門のご案内 > 生活習慣病部門 > 高血圧・腎臓科

高血圧・腎臓科

診療実績はこちら

高血圧・腎臓科の概略

高血圧・腎臓科は、循環器病の予防的管理診療の中核である生活習慣病部門に属し、高血圧や腎臓病の管理・進行防止を実践している。更に、循環器病患者に対して、血液透析を中心とした各種体外循環療法を行っている。

現在、わが国の高血圧人口は、約4,300万人と推定されているが、急速な高齢化社会を迎え、今後の増加が予想される。高血圧はありふれた病気であるが、循環器病の最大の危険因子であり、適切な診断と治療は最も重要である。当科には、日本高血圧学会の専門医・評議員・幹事が在席し、腎血管性高血圧や難治性高血圧、高血圧の非薬物療法(減塩を含む)などの、診療・臨床研究を行い、高血圧治療ガイドラインにエビデンスが掲載されている。

慢性腎臓病は、約1,300万人が罹患していると推定され、末期腎不全(透析)や循環器病の大きな危険因子として認識されている。当科では、腎臓病診断の為に腎生検を行い、免疫抑制療法などを行っている。また、循環器病を有する慢性腎臓病患者の管理(食事・薬物)、末期腎不全への進展防止、循環器病発症予防や臨床研究を行い、CKD診療ガイドラインにエビデンスが掲載されている。当科には、日本腎臓学会の専門医・評議員が在籍している。

我が国の末期腎不全患者数は約32万人である。当科では主に血液透析を行っている。透析患者の合併症で最重要なのは循環器病であり、我々は循環器病を有する維持透析患者の管理を行い、臨床研究を行っている。また、循環器病患者に合併した急性腎症や種々の病態に対して、体外循環療法を行っている。当科には日本透析医学会の専門医・指導医が在籍している。

当科では、多施設共同研究を含む臨床研究、減塩を中心とした食事療法、「かるしお」レシピの開発・普及に貢献し、高血圧・腎臓病領域の新規バイオマーカー研究やトランスレーショナルリサーチを行い、質の高い診療エビデンスを集積・発信している。

施設認定

  • 日本高血圧学会専門医施設
  • 日本腎臓学会専門医施設
  • 日本透析医学会専門医施設
  • 日本循環器学会専門医施設
  • 日本内科学会専門医施設
  • 大阪府立学校腎検診システム・精密検査専門施設

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ