ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 実施中の臨床研究 > 左室補助装置使用中患者における経皮的脳血栓回収術の多施設共同観察研究

左室補助装置使用中患者における経皮的脳血栓回収術の多施設共同観察研究

研究題目

左室補助装置使用中患者における経皮的脳血栓回収術の多施設共同観察研究

研究の目的・意義

脳主幹動脈閉塞による虚血性脳卒中に対しては経皮的脳血栓回収術が有効です。左室補助装置装着中の患者さんは健常者よりも脳卒中を発症するリスクが高いため、この治療法によって予後が改善されると期待されています。しかし、左室補助装置装着中の患者さんで行われた経皮的脳血栓回収術の報告は少ないため、どのように治療するのが最善かは一部未解明です。

そこで、患者さんの臨床的背景や治療手技、予後などのデータを解析し左室補助装置を使用していない群と比較することで現在行われている治療の状況を明らかにするとともに最適な治療方法について検討を行います。

研究に用いる情報の種類

病歴、治療記録、治療後経過、副作用等の発生状況、画像情報、カルテ番号
閉塞脳血管から回収された血栓の病理結果

研究期間

研究機関の長の許可日~2020年3月31日まで

研究の方法

通常の医療において取得された診療情報(既存情報)を用い、神経内科・脳卒中科で診療を受けた患者さんの臨床的・画像的特徴および血栓の病理像について、 統計学的手法を用いて解析を行います。

研究機関

大阪大学医学部附属病院 脳卒中センター 責任者:岡崎周平
国立循環器病センター 脳血管内科 責任者:山上宏
東京女子医科大学付属病院 脳神経外科 責任者:石川達也
大阪急性期・総合医療センター 神経内科 責任者:坂口学

対象となる方

2006年4月1日から2018年5月31日までに脳梗塞を発症し、国立循環器病研究センターにて経皮的脳血栓回収術を受けた患者さん

個人情報の取り扱い

個人を同定できる情報を削除し、匿名化を行います。学会、論文発表の際にも、個人を同定できる情報が出ることはありません。 この研究について、さらに詳しい内容を知りたい場合や今回のデータ使用について同意をいただけない場合には、いつでも構いませんので、お手数ですが下記の問い合わせ先まで連絡ください。

問い合わせ先

国立循環器病研究センター 脳卒中集中治療科 医長 山上 宏
電話番号:06-6170-1070(代表)

最終更新日 2018年12月18日

ページ上部へ