ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 実施中の臨床研究 > 多層的疾患オミックス解析に基づく拡張型心筋症の創薬標的の網羅的探索を目指した研究

多層的疾患オミックス解析に基づく拡張型心筋症の創薬標的の網羅的探索を目指した研究

現在、創薬オミックス解析センター/病理部では、ご遺族から同意をいただきましたご家族の検体・診療情報等を使って、下記の研究課題を実施しています。また、診療情報の一部と研究成果を下記のデータベースより公開しています。

この研究課題の詳細をお知りになりたい方は、下記の担当者まで直接お問い合わせください。なお、この研究課題に、ご遺族が検体・診療情報等をこの研究課題やデータベースに提供して欲しくないと思われた場合には、下記の部署(末尾に記載)にて、そのお申し出を受け付けておりますので、その旨ご連絡頂くか、病理解剖時にお渡ししました協力意思(同意)の撤回書を病理部まで提出して下さい。

研究課題名

多層的疾患オミックス解析に基づく拡張型心筋症の創薬標的の網羅的探索を目指した研究

研究対象者

2010年9月より2014年7月までの間に国立循環器病研究センターにおいて、心筋症のため死亡された患者さまで、ご遺族が病理解剖を承諾され、かつ医学研究目的、遺伝子検査使用についても承諾された方。

利用している検体・診療情報等の項目

(検体)心筋組織
(診療情報等)診断名、年齢、性別、死亡日、既往歴、併存疾患名、心機能・血液検査データ、病理所見など

利用の目的 (遺伝子解析研究: 有)

拡張型心筋症の方と心疾患の無い方の心筋組織における遺伝子、RNA、タンパク質、代謝物などの分子の状態をオミックス解析という方法で網羅的に調べ、その違いより拡張型心筋症の発症と進行の機序を明らかにし、診断、治療、創薬に用いることができる標的分子を探し出すことを目的としています。

主な共同研究機関及び研究責任者 (営利企業との共同: 無)

上記の検体とごく一部の臨床情報を下記機関に対して、5種のオミックス解析の実施のために提供しました。

〔主な提供方法〕 その他(医療医薬品輸送システム)

  1. 前国立がん研究センター・研究所分子病理分野長 金井弥栄 (現在 慶応義塾大学・病理学・教授)
  2. 国立精神・神経医療研究センター・神経研究所疾病研究第二部・部長 後藤雄一
  3. 国立成育医療研究センター・研究所免疫アレルギー研究部・部長 松本健治
  4. 国立医薬品食品衛生研究所・医薬安全科学部・部長 斎藤嘉朗

利用期間

2010年9月より2020年3月までの間(予定)

公開されるデータベースのURLと情報、公開期間

公開される情報:診断名、年齢階層、性別の情報、および解析の結果

研究責任者、および、研究内容の問い合わせ担当者

研究責任者および研究内容の問い合わせ担当者:
創薬オミックス解析センター センター長 南野直人
電話 06-6833-5012(代表)(内線2507)(応対可能時間:平日10時~17時)

本研究での検体・診療情報等の取扱い

センター倫理委員会の承認を受けた研究計画書に従い、お預かりした検体や診療情報等には匿名化処理を行い、ご協力者の氏名や住所などが特定できないよう安全管理措置を講じたうえで取り扱っています。また、データベースには氏名
などの情報は一斉登録せしておらず、個人が特定できないようにしています。

病理解剖に関する問い合わせ担当者

病理部 部長 植田初江
問い合わせ先:国立循環器病研究センター 病理部
電話 06-6833-5012(代表)、内線(2871)
(応対可能時間:平日9時~16時)

最終更新日 2018年12月12日

ページ上部へ