ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 実施中の臨床研究 > 周産期科に通院中の患者さまへ

周産期科に通院中の患者さまへ

当院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、これまでの治療のカルテ情報から得られた研究データを分析し、今後のより良い支援に繋げるためのものです。この案内をお読みになり、ご自身がこの研究の対象者にあたると思われる方で、ご質問がある場合、またはこの研究に「自分の情報を使ってほしくない」とお思いになりましたら、遠慮なく下記の担当者までご連絡ください。

ただし、すでに解析を終了している場合には、研究データからあなたの情報を削除できない場合がありますので、ご了承ください。

対象となる方

2017年10月~2018年3月の間に、当院で妊産婦メンタルヘルススクリーニングを実施した妊産褥婦様

研究課題名

当院周産期科におけるメンタルヘルススクリーニングの現状調査

研究責任者

国立循環器病研究センター 看護部周産期病棟 二木 未侑

研究の目的

当院で実施した妊産婦メンタルヘルススクリーニングの現状を調査し、実際に地域連携を必要とした件数やその支援方法や妥当性、問題点について検討します。調査結果を受け、よりよいシステム構築につなげることを目的とします。

利用する診療情報

<メンタルヘルス問診>
・家族のサポート体制・妊娠・出産・育児に対する不安の有無・母体心疾患・胎児心疾患の有無等
<DVスコア>
・家族や身近な周囲から情緒的なサポートの有無等
<エジンバラ質問票>
・物事が悪く行った時、自分を不必要に責めた・はっきりした理由もないのに不安になったり、心配した等

研究期間

2018年9月25日~2019年3月31日

個人情報の取り扱い

お名前、住所などの個人を特定する情報につきましては厳重に管理を行い、学会や学術雑誌等で公表する際には、個人が特定できないような形で使用いたします。

問合せ先

国立循環器病研究センター 周産期病棟 助産師 二木 未侑
電話 06-6170-1070(代表) (内線61045)

最終更新日 2018年12月11日

ページ上部へ