ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 実施中の臨床研究 > 循環器緩和ケアにおける診療の質評価に関する研究

循環器緩和ケアにおける診療の質評価に関する研究

現在、国立循環器病研究センターでは保管している診療情報を使って、下記の研究課題を実施しています。  

この研究課題で利用する診療情報等の利用については、研究対象者の方の同意が得られていませんが、センター倫理委員会によって「社会的に重要性が高い研究である」等の特段の理由が認められ、実施についての承認が得られています。この研究課題の詳細についてお知りになりたい方は、下欄の研究内容の問い合わせ担当者まで直接お問い合わせください。なお、この研究課題の研究対象者に該当すると思われる方の中で、ご自身の診療情報等を「この研究課題に対しては利用・提供して欲しくない」と思われた場合にも、下欄の研究内容の問い合わせ担当者までその旨をご連絡下さい。ただし、すでに解析を終了している場合には、研究データからあなたの情報を削除できない場合がありますので、ご了承ください。

研究課題名

循環器緩和ケアにおける診療の質評価に関する研究

研究対象者

2014年4月1日~2015年3月31日までに当院へ心不全で入院された方で、前回の退院日から6ヶ月以内の方

利用している診療情報の項目

性別、年齢、同居者情報、キーパーソンの有無、既往歴・併存症、ADL、心不全病状、ICD植込みの有無、CRTの有無、慢性疼痛の有無、呼吸困難の有無、入院日、初回入院からの期間、心臓超音波検査結果、心電図検査結果、冠動脈造影検査実施結果、血液生化学検査結果、使用薬情報、CRT治療の有無、多職種チームによる緩和ケアの介入の有無、精神症状のスクリーニング実施の有無、心臓移植の検討有無、栄養評価の実施有無、心不全再発予防教育の有無、退院日、退院支援(カンファレンス)の有無、退院場所、退院時転帰、終末期セデーションの実施有無、延命治療について患者・家族との話し合い、最終生存確認日、最終生存状況、

利用の目的(遺伝子解析研究:無)

循環器緩和ケアの診療実態を把握し医療の質の向上に役立てることを目的としています。

主な共同研究機関及び研究責任者(営利企業との共同:無)

上記の診療情報を下記研究機関からも提供を受けます。  

東京女子医科大学 循環器内科   志賀 剛  
久留米大学 心臓血管内科  福本 義弘

利用期間

2017年7月より2022年3月までの間(予定)

この研究での診療情報の取扱い

センター倫理委員会の承認を受けた研究計画書に従い、お預かりした診療情報には匿名化処理を行い、ご協力者の方の氏名や住所などが特定できないよう安全管理措置を講じたうえで取り扱っています。

研究責任者、および、研究内容の問い合わせ担当者

研究責任者:国立循環器病研究センター 心臓血管内科 濱谷康弘
研究内容の問い合わせ担当者:事務局 濱谷康弘
電話: 06-6170-1070(代表)(内線2321)(応対可能時間:平日9時~16時)
ファックス: 06-6872-8528
E-mail: kanwacare@ml.ncvc.go.jp

最終更新日 2019年05月17日

ページ上部へ