ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 実施中の臨床研究 > 椎骨動脈解離による延髄梗塞の臨床的研究

椎骨動脈解離による延髄梗塞の臨床的研究

現在、脳内科ではご協力者の診療情報等を用いて、下記の研究課題を実施しています。

この研究課題の詳細についてお知りになりたい方は、下記の研究内容の問い合わせ担当者まで直接お問い合わせください。なお、この研究課題の研究対象者に該当すると思われる方の中で、ご自身の診療情報等を「この研究課題に対しては利用して欲しくない」と思われた場合には、そのお申し出を受け付けておりますので、下記までその旨ご連絡下さい。

研究課題名

椎骨動脈解離による延髄梗塞の臨床的研究

研究対象者

2011年11月から2018年9月に当施設に入院した延髄梗塞の診断で国立循環器病研究センターに入院した患者様

利用している診療情報等

(診療情報等)発症時の年齢、性別、入院日、既往歴、2親等以内の脳血管障害の家族歴、血管動脈硬化危険因子の有無、喫煙歴、飲酒歴、内服薬、血液検査結果、入院時診察所見、画像診断所見、症状経過、外来診察所見、3か月機能予後、脳卒中再発・死亡情報など

利用の目的

この研究は倫理委員会の承認のもと、通常の診療で得られた記録のみを解析する研究です。当院に救急搬送され、MRIの結果脳梗塞の診断となった患者様のうち、延髄のみに脳梗塞を来した患者様を対象としております。更に脳を栄養する血管の中でも、延髄も含めた後方循環を栄養する椎骨動脈に血管の壁が避ける動脈解離を来した病態をMRIやMRA等の画像診断により診断しております。この研究では、椎骨動脈解離の有無、梗塞巣を分類し、90日後、1年後の転帰を評価し、椎骨動脈解離における延髄梗塞の領域、転帰について明らかにすることを目的としております。

個人情報の取り扱い

お名前、住所などの個人を特定する情報につきましては厳重に管理を行い、学会や学術雑誌等で公表する際には、個人が特定できないような形で使用いたします。

利用期間

倫理委員会承認日から2020年3月(予定)までの間

研究責任者、および、研究内容の問い合わせ担当者

研究責任者:脳血管内科 部長 古賀 政利  
研究内容の問い合わせ担当者:脳血管内科 担当医師 入江研一    
電話 06-6170-1070(代表)(内線60284)(応対可能時間:平日10時~16時)

最終更新日 2019年05月13日

ページ上部へ