HOME > 診療科・部門のご案内 > 生活習慣病部門 > 予防健診部 > 小久保 喜弘

予防健診部

氏名 小久保 喜弘 NoPhoto
よみ こくぼ よしひろ (Yoshihiro Kokubo)
所属・職務 予防健診部 医長
Eメール ykokubo◎ncvc.go.jp
(@が◎に置き換わっっています)
専門 公衆衛生学一般、予防医学、循環器疫学、栄養疫学、分子疫学
主な活動と成果 都市部地域住民を対象とする吹田研究で、古典的リスクに関する研究を行ってまいりました。三大生活習慣病を発症しても社会復帰できる時代になり、健康寿命の延伸を図るためには、その再発予防と各臓器不全の予防が不可欠です。心房細動リスクスコアを我が国で初めて開発し、また頸動脈プラーク進展後に循環器病発症リスクであることを初めて示しました。心不全に関する疫学研究がほとんどないため、リスクスコアの研究が急務とされています。
主要論文・著書

【原著論文など】

  1. Kokubo Y, et al. Impact of Intima-Media Thickness Progression in the Common Carotid Arteries on the Risk of Incident Cardiovascular Disease in the Suita Study. J Am Heart Assoc. 2018;7:e007720.
    関連プレスリリース:頚動脈プラーク進展はその後の循環器病発症リスクに関係する
  2. Kokubo Y, et al. Development of a Basic Risk Score for Incident Atrial Fibrillation in a Japanese General Population - The Suita Study. Circ J. 2017;81:1580-1588.
    関連プレスリリース:地域住民を対象とした10年後心房細動予測スコアの開発
  3. Kokubo Y, et al. Dietary magnesium intake and risk of incident coronary heart disease in men: A prospective cohort study. Clin Nutr.2017;S0261-5614:30274-1.
    関連プレスリリース:食事からのマグネシウム摂取量と虚血性心疾患発症との関連
  4. Kokubo Y, et al. Interaction of Blood Pressure and Body Mass Index with Risk of Incident Atrial Fibrillation in a Japanese Urban Cohort: The Suita Study. Am J Hypertens. 2015;28:1355-61
  5. Kokubo Y, et al. The Impact of Green Tea and Coffee Consumption on the Reduced Risk of Stroke Incidence in Japanese Population. Stroke. 44:1369-74, 2013.
    関連プレスリリース:緑茶とコーヒーの摂取が多い群では脳卒中の発症リスクが低い
  6. Kokubo Y, et al. Dietary Fiber Intake and Risk of Cardiovascular Disease in Japanese Population: The Japan Public Health Center-Based (JPHC) Study Cohort. Eur J Clin Nutr. 65:1233-41, 2011.
  7. Kokubo Y, et al: The Combined Impact of Blood Pressure Categories and Glucose Abnormalities on the Incidence of Cardiovascular Diseases in a Japanese Urban Cohort: The Suita Study. Hypertens Res, 33: 1238-1243, 2010.
  8. Kokubo Y, et al: Relationship between blood pressure category and incidence of stroke and myocardial infarction in an urban Japanese population with and without chronic kidney disease: the Suita Study. Stroke,40: 2674-9, 2009.
  9. Kokubo Y, et al: Impact of high-normal blood pressure on the risk of cardiovascular disease in a Japanese urban cohort: The Suita Study. Hypertension, 52: 652-9, 2008.
  10. Kokubo Y, et al: Impact of metabolic syndrome components on the incidence of cardiovascular disease in a general urban Japanese population: The Suita Study. Hypertens Res, 31: 2027-35, 2008.
  11. Kokubo Y, et al. Association of dietary intake of soy, beans, and isoflavones with risk of cerebral and myocardial infarctions in Japanese populations. Circulation. 116:2553-62, 2007.

【総説、著書など】

  1. Kokubo Y, et al. Gene and environmental interactions according to the components of lifestyle modifications in hypertension guidelines. Environ Health Prev Med. 2019;24(1):19.
  2. Kokubo Y, et al. Hypertension Is a Risk Factor for Several Types of Heart Disease: Review of Prospective Studies. Adv Exp Med Biol. 2017;956:419-426.
  3. Kokubo Y, at al. Traditional Cardiovascular Risk Factors for Incident Atrial Fibrillation. Circ J. 2016;80:2415-2422.
  4. Kokubo Y, et al. Higher blood pressure as a risk factor for diseases other than stroke and ischemic heart disease. Hypertension. 2015;66:254-9.
    関連プレスリリース:高血圧が及ぼすさまざまな疾患リスクに関する疫学研究 ~吹田研究などのコホート研究からみる疾患リスクについての総説~
  5. Kokubo Y, et al. Introduction to Hypertension: Types, Causes and Complications. In: Jagadeesh G, Balakumar P, Khin Maung U, eds. Pathophysiology and Pharmacotherapy of Cardiovascular Disease: Springer. 2015: 635-653.
  6. Kokubo Y. Prevention of Hypertension and Cardiovascular Diseases: A Comparison of Lifestyle Factors in Westerners and East Asians. Hypertension. 63:655-660, 2014.
  7. Kokubo Y. Epidemiology of transient ischemic attack. Front Neurol Neurosci. 33:69-81, 2014.
  8. Kokubo Y. Carotid atherosclerosis in kidney disease. Contrib Nephrol. 179:35-41, 2013.
  9. Kokubo Y. Traditional risk factor management for stroke: a never-ending challenge for health behaviors of diet and physical activity. Curr Opinion Neurol,25: 11-17, 2012.
  10. Kokubo Y. Associations of impaired glucose metabolism and dyslipidemia with cardiovascular disease: What have we learned from Japanese cohort studies for individualized prevention and treatment? EPMA Journal, 2: 75-81, 2011.
受賞
  • 2018年Hypertension誌2017年トップレビュー賞、Circulation Journal誌ベスト論文賞受賞
  • 2017年Hypertension誌2016年トップレビュー賞
  • 2016年Hypertension誌2015年トップレビュー賞、Atherosclerosis誌2015年ベストレビュー賞
  • 2015年Hypertension誌2014年ベスト査読賞、Atherosclerosis誌2014年ベスト査読賞
  • 2014年J Epidemiology優秀査読賞,第63回American College of Cardiology学術総会ベストポスター賞受賞, Atherosclerosis誌ベスト査読賞2013, 欧州心臓学会トップポスター賞受賞
  • 2013年Hypertension誌トップ査読賞
  • 2012年J Epidemiology優秀査読賞
  • 2011年Hypertension Research誌2010年最優秀論文賞, 吹田市長から地域福祉増進による感謝状
学位 M.D., Ph.D.
所属学会
  • 理事会国際高血圧学会理事、米国心臓協会幹事.
  • 委員会等米国心臓協会(国際大使)、欧州脳卒中協会(メンバーシップ委員会)、日本高血圧学会ガイドライン検討委員会、日本栄養食糧学会代議員.
  • 国際学会フェロー米国心臓協会(FAHA; 脳卒中・高血圧・疫学)、欧州心臓学会(FESC)、米国心臓学会(FACC)、欧州脳卒中協会(FESO).
  • 学会評議員等日本脳卒中学会、日本高血圧学会(評議員・特別正会員)、日本栄養改善学会(代表評議員)、日本栄養食糧学会(参与)、日本疫学会、日本衛生学会、日本循環器病予防学会.
  • 学会員欧州脳卒中学会、国際脳卒中協会、アメリカ大陸高血圧協会、国際疫学会、国際循環器疫学予防協会、日本循環器学会、日本心臓学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本老年病学会、日本腎臓学会、日本頸部脳血管治療学会、日本医師会(大阪府医師会、吹田市医師会)、日本公衆衛生学会、日本生活習慣病学会、日本血栓止血学会、日本動脈硬化学会、日本ビタミン学会、脳卒中協会、高血圧協会等など
教育活動
  • 社会医学系指導医・専門医、公衆衛生学会専門家
  • 2008年4月~ 東京医科歯科大学医学部医学科非常勤講師
  • 2015年4月~ 大阪大学大学院医学研究科招聘教授
  • 2015年9月~ Glasgow大学循環器医科学研究所客員教授
その他の活動
  • 編集委員Editor in Chief: Environmental Health and Preventive Medicine; Associate Editor: Journal of Hypertension, Atherosclerosis; Academic Editor: PLOS One; Editorial Board Member: Stroke, Hypertension, Hypertension Research, Cerebrovascular Diseases, European Stroke Journal, Neuroepidemiology, The EPMA Journal, 日本衛生学会誌
  • 地域での活動:吹田市みんなの健康展委員会, 吹田市医師会学術勉強会準備委員.
  • 循環器病あれこれ(循環器病研究振興財団発行)
    [65] まだ たばこを吸っているあなたへ
    [133] 循環器病の予防 鍵は10項目 ─ 健康長寿を目指す ─
研究者情報

最終更新日 2019年03月28日

ページ上部へ