ホーム > 診療科・部門のご案内 > 心臓血管外科部門 > 血管外科 > 対象疾患・治療法

血管外科

対象疾患

クリックすると詳細をご覧いただけます。

診断法

  1. 胸腹部CT検査(単純・造影)
    診断に必要とされる場合には、放射線診療部に実施依頼をしております。
  2. 血管造影検査
    特に大動脈造影を放射線科専門医と合同で実施しております。

治療法

  1. 大動脈人工血管置換(基部、上行、弓部、下行、胸腹部、腹部)
    従来から施行されている手術法として、大動脈瘤の部分を切除して人工血管と置き換える「人工血管置換術」があります。人工血管は合成繊維のポリエステル(ダクロン)でできており、長期間にわたる充分な耐久性を有しています。
  2. 大動脈ステントグラフト治療(弓部、下行、胸腹部、腹部)
    これまでは大動脈瘤に対する手術法としては、人工血管置換術が大半を占めていましたが、最近になって「ステントグラフト留置術」と呼ばれる体の負担の少ない血管内治療も盛んに行われるようになりました(一部人工血管置換術の項目でも説明)。
  3. 内臓・末梢動脈瘤置換
    内臓動脈瘤に関しては、血管内治療が主体となっております(開腹手術を要する場合もあります)。四肢末梢の動脈瘤に関しては、人工血管置換術、切除術などの外科治療を行うことが一般的です。
  4. 末梢血管バイパス、血管内治療
    下肢閉塞性動脈硬化症や動脈瘤に対する人工血管置換術や狭窄・閉塞血管に対するバイパス術を施行しています。血管内科、放射線科との共同で治療を進めており、カテーテル治療が優先となるが、重症・困難な症例にはバイパス手術を選択しています。病変によっては、手術とカテーテル治療を同時に行う「ハイブリッド治療」も施行しています。
  5. 急性肺塞栓症ないしは慢性肺血栓塞栓性肺高血圧症に対する外科治療
    重篤な急性肺塞栓症は致死的であり、緊急外科治療の対象となります。また、稀な疾患ですが、慢性肺血栓塞栓性肺高血圧症は進行性で予後不良です。
  6. 弁膜症外科
    大動脈瘤に合併した弁膜症手術(大動脈弁、僧帽弁、三尖弁、肺動脈弁)を主に実施しています。

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ