ホーム > 診療科・部門のご案内 > 脳血管部門 > 脳神経外科 > 対象疾患・治療法

脳神経外科

一般社団法人National Clinical Database(NCD)

手術件数

主な治療法の写真または図解

未破裂前交通動脈瘤クリッピング術

未破裂中大脳動脈瘤手術の顕微鏡写真です。

左:未破裂前交通動脈瘤クリッピング術(動脈瘤)/右:蛍光色素注入(動脈瘤)

左側がクリップをかける前の顕微鏡写真です。脳血管にできた瘤(脳動脈瘤)が認められます。
右側が蛍光色素を静脈注射した時の顕微鏡写真です。正常血管と動脈瘤が白色に光って見られます。

左:未破裂前交通動脈瘤クリッピング術(クリップ)/右:蛍光色素注入(クリップ)

左側が動脈瘤の根本(頚部)にクリップをかけた顕微鏡写真です。
右側が蛍光色素を静脈注射した時の顕微鏡写真です。正常血管は白色に光っていますが、動脈瘤は光っていません。動脈瘤への血流が遮断されたことがわかります。

脳動静脈奇形の複合治療

手術困難な脳動静脈奇形(脳内の血管の塊)に対して、我々は脳血管内治療での術前塞栓術(手術で処理しにくい血管を前もって詰めておく)と開頭摘出術、もしくはガンマナイフの複合治療を行ってきました。最近はOnyxという液体塞栓物質も使用できるようになりました。

  • (1)脳動静脈奇形の写真(術前)。橙色円内と白円内の2箇所に奇形を認めるが、橙色円内の奇形を血管内治療+摘出術の組み合わせで治療することとしました。
  • (2a)塞栓術後の写真。橙色円内の奇形の映り具合がかなり減少しています。
  • (2b)塞栓術後の写真。橙色円内の黒い線が血管内に詰めたOnyxです。
  • (3)塞栓術の2日後に血管奇形の摘出術を行い、完全に摘出されました。白色円内の奇形には後日ガンマナイフが行われ、経過観察中です。
液体塞栓物質を用いた脳動静脈奇形の術前塞栓術の写真

このように当科では脳動静脈奇形に対して開頭摘出術、塞栓術、ガンマナイフの各治療法の設備と治療医を有しており、脳動静脈奇形の複合治療も多数行っております。

もやもや病に対する治療

もやもや病

もやもや病には脳虚血発症と脳出血発症の2つのタイプがあり、虚血タイプに対してはバイパス手術が有効です。当センターではもやもや病に対するバイパス手術を積極的に行っています。左はバイパス術後の脳血管撮影です。バイパス(矢印)を介して中大脳動脈領域(丸印)に多くの血液が供給されているのが分かり ます。

もやもや病専門外来

脳腫瘍

当センターでは脳血管疾患のみならず、髄膜腫、神経鞘腫、転移性脳腫瘍などの脳腫瘍の治療にも力を注いでいます。
[最近治療を行った脳腫瘍;左から傍矢状洞髄膜腫、血管芽細胞腫、前庭神経鞘腫]

脳腫瘍

ハイブリッド手術室を用いた複合手術の一例

国立循環器病研究センター(NCVC)では、2011年1月より国内初の本格的ハイブリッド手術室(Hybrid OR)を稼働しています。ハイブリッド手術とは、その名の通り、全く治療概念の異なる「開頭手術」と「血管内治療」をコラボレーションさせた治療法で、困難な病変に対する安全かつ確実な治療には不可欠と考えられていました。従来の独立した手術室・血管撮影室では種々の制限があり実現が困難でしたが、これを可能にするのがHybrid ORで、手術室・血管撮影室の融合により次世代脳神経外科手術の試金石となっています。NCVCでは稼働より1年で15例の患者さん:具体的には、一般的な血管内治療では病変への到達に問題がある症例や、開頭手術のみでは病変の特定が困難あるいは強い侵襲が加わる症例で使用し、いずれも良好な結果を得ています。その他、心臓・大動脈疾患でも使用されており、今後、困難な病変に対する治療のみならず、安全・確実な治療において威力を発揮するものと期待されます。

末梢生中大脳動脈瘤

脳動脈瘤コイル塞栓術(血管内治療)

脳動脈瘤コイル塞栓術(血管内治療)の写真

左側が未破裂脳動脈瘤のコイル塞栓術の血管撮影の写真です。脳底動脈の先端部分に動脈瘤(→)が認められます。そこに通常の検査用のカテーテルよりかさらに細いマイクロカテーテルの動脈瘤の先端に慎重に挿入します。そのマイクロカテーテルを通してプラチナコイルを動脈瘤内に詰めていきます。
右側の2枚の写真が動脈瘤内にコイル(→)を詰めた後の写真です。動脈瘤内に造影剤が入っていないことがわかります。

頚動脈ステント留置術(血管内治療)

頚動脈ステント留置術(血管内治療)の写真/脳血管内治療風景

頚部の内頚動脈の狭窄に対してステントという金属の筒をいれた時の血管撮影の写真です。
細かった部分(丸印)が拡張しているのがわかります。

ガンマナイフ治療

当院では2002年4月からガンマナイフが稼動しており、これまでに多くの患者さんを治療してきました。2009年2月よりmodel 4Cにバージョンアップし、治療時間も大幅に短縮しました。

ガンマナイフ治療

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ