ホーム > 診療科・部門のご案内 > 心臓血管内科部門 > 不整脈科 > 研修希望の皆様へ

不整脈科

研修プログラム

不整脈科の研修は、3つのプログラムがあります。

  1. 心臓内科部門レジデント
  2. 専門修練医
  3. 短期研修

レジデントコース

※詳しくは こちら をご覧下さい。

心臓内科のレジデントコースのうち少なくとも、3ヶ月間、主に病棟の担当医として、不整脈患者様の診療に当たります。また電気生理検査(EPS)に従事し、EPSやアブレーション、デバイスの植え込みを実際、間近で研修することが可能です。

ほぼ毎週様々なテーマで不整脈レクチャーが行われています。多くの学会やセミナーで講師を務めるスタッフの講義を、院内にいながら聞くことができます。

不整脈科カンファレンススケジュール

入院症例検討会 不整脈カンファレンス
レクチャー レクチャー レクチャー レクチャー

本年度のレクチャータイトルから

  • Brugada症候群の診断と治療
  • 心房細動アブレーションの適応と実際
  • 心不全に対するデバイス治療

また、実際に受け持った患者様の診断や治療で困ったことを、指導医にぶつけることで、臨床研究を行うことも可能です。これまでも、多くのレジデントの研究がAHA、Heart Rhythmなどの国際学会での発表や英文誌掲載に結びついています。

専門修練医コース

※詳しくは こちら をご覧下さい。

2年間の不整脈分野専門研修のコースです。2年間は、ほぼ不整脈診療に専従することが可能です。

EPS・アブレーションでは、指導医のもとカテーテル手技を身につけ、2年間で基本的なカテーテルアブレーションを、独力でできることを目標に研修を行います。

電位の解析装置や3次元マッピング装置を自ら操作して、不整脈のメカニズムや至適治療部位を診断できるよう学びます。

ペースメーカ、ICD、CRT-Dなどの手術にも介助者として参加し、その手技を学びます。またICD、CRT-Dのデータの読み方、作動時の対処方法などを身につけることが可能です。

臨床研究のテーマを与えられて、国際学会での発表や、英文誌への投稿などのノウハウを指導します。実際にほぼ毎年、AHAやHeart Rhythm等の国際学会で発表しており、また多くの英文誌への掲載も行っています。

短期研修

不整脈の一般診療から、心房細動、心室頻拍など複雑なアブレーション、デバイスの植え込みまで、ご希望のテーマで短期の見学、研修が可能です。ご希望の方は、当センターの国立循環器病研究センター研究医療課医療係、もしくは草野研吾部長までお問い合わせください。

TEL: 06-6833-5012(内線2210 もしくは 2227)

カンファレンスへのご参加

毎週火曜日午後6時より、管理棟3階の映像情報センターにおいて、院内全体の不整脈疾患に関するカンファレンスを行っています。心臓内科、心臓血管外科、小児科、周産期科などの様々な不整脈疾患の治療方針につき、ディスカッションしており、院外からの先生方の参加も歓迎いたします。

学会や診療上の理由により、日程が変更になることがありますので、参加をご希望される場合には、あらかじめ草野研吾部長まで、お問い合わせください。

TEL: 06-6833-5012(内線 2227)
(※電話番号のおかけ間違いには、ご注意ください)

最終更新日 2017年07月13日

ページ上部へ