HOME > 診療科・部門のご案内 > ゲノム医療部門 > ゲノム医療支援部

ゲノム医療支援部

ゲノム医療支援部

技術の進歩に伴い、個人の遺伝的背景に注目したオーダーメイドの医療であるゲノム医療の発展が期待されています。当センターでは2017年4月に、これまで各診療科が独自に行っていた遺伝子診断を発展させるとともに循環器病や生活習慣病の治療に遺伝子解析を応用することを目的に、「ゲノム医療部門」を新設しました。そのうちゲノム医療支援部では関係臨床専門科と協力して、遺伝性不整脈、マルファン症候群、家族性高コレステロール血症を中心に遺伝子診断から遺伝カウンセリングを行う体制を構築しています。さらに次世代シーケンサーを用いた、より高度な臨床遺伝子診断、効果的な治療選択、重症化予防、発症予防までも視野に入れて個人にとって最適な医療を行うことを目指します。

ゲノム医療支援部は以下の三つの室から構成されています。

未診断疾患イニシアチブ IRUDの紹介

国立循環器病研究センターは日本医療研究開発機構 (AMED) により主導され、日本全国の診断がつかずに悩んでいる患者さん(未診断疾患患者)に対して、遺伝子を幅広く調べ、その結果を症状と照らし合わせることで、患者さんの少ない難病や、これまでに知られていない新しい疾患を診断しようするプロジェクトである未診断疾患イニシアチブInitiative on Rare and Undiagnosed Diseases (IRUD:アイラッド) に拠点病院として参加しています。

IRUDの詳しい情報はhttp://irud.umin.jp/をご参照下さい。

最終更新日 2020年09月09日

ページ上部へ