メニュー

脳血管内科・脳神経内科

脳血管内科・脳神経内科での研修を希望される方へ

『新しい人よ、集え』

豊田 一則先生

脳卒中は国民病です。そして、発症予防から救急治療、慢性期管理に至るまで、その治療の基本は内科です。適切で緻密な内科治療の延長線上に、外科治療や血管内治療が展開してゆきます。しかしながら、脳卒中の内科治療を担う人材は、圧倒的に足りません。

国循は開設の当初から、脳卒中内科治療の確立にこだわって来ました。混沌の中に木を接ぎ続けた先達に倣い、僕たちも自分なりの旗を掲げています。今春からの独法化とともに組織を改編し、多くの新たなミッションを課せられていますが、最大の使命が後進の育成であることは従来と変わりません。数年間の修練を行う人、短期間で見学する人、その形はさまざまですが、いつしか彼らから学校と呼ばれ始めたことを、誇りに思っています。僕たちもまた若い人たちの姿勢に学び、世代を超えて高め合えればと思います。

詩人ブレイクは鼓舞します。
目覚めなさい、新時代の若者よ。そしてその額を、無知な雇い兵に突き合わせなさい、と。
傭兵とは誰? 病魔、組織の不備、己の弱さ?
それに打ち克とうと志す人に、僕たちも呼びかけます、この学校に集わんと。

2010年8月 豊田 一則(現副院長)

『脳梗塞は治る病気へ、脳出血の治療開発はこれから』

私が研修を開始した1994年は「脳卒中は治らない病気」から「脳卒中は治る病気」に変わる分岐点でした。私の祖父母も脳卒中になり、大きな社会問題だと感じたことを鮮明に覚えています。当時の研修病院でウロキナーゼを動注する血栓溶解療法で劇的に回復した脳梗塞患者さんを目の当たりにして治る病気であることを学び、脳卒中診療医(神経内科医)を目指すことにしました。1995年に米国からアルテプラーゼによる血栓溶解療法の効果を証明する試験結果が発表され、救急治療対象への大きな流れの変化が起こりました。現在、わが国でもアルテプラーゼによる血栓溶解療法とステント型血栓回収デバイスなどによる血栓回収療法が標準治療となり、脳卒中の約7割を占める脳梗塞は治る病気になったのです。この治療の普及とともに、多職種によるチーム診療と脳卒中集中治療室の重要性が高まってきました。当診療科の役割は、急性期脳卒中治療、多職種チーム診療、ストロークケアユニット管理、再発予防などの要として脳卒中診療医を育成し、脳卒中診療を均てん化していくことです。

一方、脳出血も脳卒中の約2割を占める重要な病型です。脳梗塞に比べると重症になりやすく致死的経過になることが少なくありません。急性期の積極的降圧療法による転帰改善が期待されましたが、現在までに有効な治療法が開発されていません。これからは脳出血治療法を開発していく時代だと思います。米国NIHが助成する第VII因子製剤を急性期脳出血に投与して転帰の改善を目指すFASTEST試験への症例登録を準備しています。当センターは日本からのFASTEST試験参加施設を統括し、脳出血治療開発に注力していきます。

当センターでは脳卒中診療医のトレーニングを受けながら、脳出血などの新規治療法開発に従事し、脳卒中医療を向上させるための多くの研究を行うことが出来ます。大志ある若手医師のチャレンジ精神を全面的にサポートしますので、いつでもお気軽にご連絡下さい。

2020年5月 脳血管内科部長 古賀政利

脳血管内科・脳神経内科での研修を希望される方へ

超急性期脳梗塞への静注血栓溶解療法や脳卒中ケアユニット整備など脳卒中診療を取り巻くわが国の環境は大幅に改善されつつありますが、その診療を支える人材は圧倒的に不足しています。当科では、脳卒中に対する急性期および慢性期実地診療、医育機関における臨床研究や教育を支える人材を育成することを目的に、専門修練医やレジデントを積極的に受け入れ、研修指導しています。わが国における最先端の脳卒中の診療技術の習得に加えて、広く心臓疾患、脳神経外科疾患、腎臓・高血圧疾患、内分泌代謝疾患、救急疾患、リハビリテーション医学を含めた領域の知識の習得と実地研修を行うカリキュラムを、組んでいます。さらに前向き臨床研究や臨床治験に参加し、学会や医学雑誌を介して国内・国外に情報発信を行えるように指導を行っています。

脳血管内科・脳神経内科は、見学・研修を希望される皆さんに、広く門戸を開いています。見学は1-2日程度の日程から、数週間程度のものまで、見学を希望される方の事情に合わせて適宜設定できます。
研修に関しては、レジデント(後期研修医)専門修練医の制度を利用して、多くの若手医師が全国から集まっています。また任意研修制度を利用して、研修開始時期や研修期間を希望者の事情に合わせて適宜設定できます。
脳血管内科・脳神経内科を、一度観に来ませんか。古賀または猪原まで、気軽にご連絡ください。

連絡先: 古賀政利(脳血管内科部長)<
     猪原匡史(脳神経内科部長)<

脳内修練医出身地の図


国内留学便り

脳卒中をオールマイティーに学ぶ

第39期 脳内科レジデント 藤田 恭平
(2016年4月~2019年3月研修、現 東京医科歯科大学 脳神経内科/血管内治療科)

藤田 写真

私は、大学病院と市中病院で脳神経内科の後期研修を行っていましたが、脳卒中の診療や研究をより深く学びたいと考え、医師6年目から3年間、脳血管内科でレジデントとして研修を行いました。レジテントの3年間は、臨床・研究の両面において、充実した研修を送ることが出来ました。

臨床では、主に脳梗塞や脳出血例の入院診療を担当し、超急性期脳梗塞例では急性再開通療法(tPA静注療法や血管内治療)の経験を積みました。これら入院症例の検査や内科的管理、急性再開通療法の適応決定の考え方や、血管内治療の手技について、指導医の先生方と日々ディスカッションすることで、知識や判断力、技術力を自然と身につけていくことが出来ました。頚動脈狭窄を有する症例では、脳血管内科、脳神経内科と脳神経外科での合同カンファレンスを毎週行っており、より適切な治療法を脳血管部門全体で検討するため、外科医の視点からみた脳卒中診療に対する考え方も知ることが出来、大変勉強になりました。また、国循では脳卒中診療に必要な、脳血管造影検査・頚動脈エコー・経食道心臓エコー・経頭蓋エコー・下肢静脈エコーなどを自ら行い、技術習得を目指します。私自身、国循で研修する前にはこれらの検査を自分で行ったことがない初心者でしたが、指導医の先生方に基礎的な内容から教えて頂きながら、技術を身に着けることが出来ました。

臨床だけでなく、徹底した指導のもと研究も行うことが出来るのが国循の魅力の一つです。同じ脳卒中研究でも、脳血管内科には複数の研究グループがあります。勿論、各レジデントが興味をもっている分野について主体的に研究を進めていくことも可能です。研究テーマは多岐に渡り、国循での単施設研究だけでなく、国内外の多施設共同研究の解析を担当させて頂く機会もあり、これらの研究結果を学会で発表します。学会は国内だけでなく、国際学会での発表も可能で、International Stroke ConferenceやEuropean Stroke Organisation Conference等で口演発表するレジデントもいます。最終的には研究結果を論文化するところまでを目標としており、多くのレジデントが英文誌に研究成果を載せています。私も研究成果をStrokeなどの英文誌に発表させて頂き、現在も論文を執筆中です。研究や統計解析、論文執筆のエキスパートが身近におりますので、研究に苦手意識を持っている若手医師であっても、気軽に相談できる贅沢な環境といえます。

そして、高い志を持って脳卒中の臨床や研究に取り組む医師と出会えたことは国循で得られた一番の財産となりました。豊富な経験や知識を有する指導医のもと、全国から集まったレジデント仲間とともに切磋琢磨しながら脳卒中の診療や研究についてオールマイティに学ぶことができる国循での研修を経て、脳神経内科医・脳卒中医として得られたものはとても大きいと実感しており、今後の財産として活きていくことは間違いないと確信しております。

『母教室への手紙』

第32期 脳血管内科レジデント 遠藤 薫
(2009年4月~2012年3月研修終了、現 東北大学神経内科)

遠藤 写真

2009年4月より大阪平野の北限、吹田市にあります独立行政法人国立循環器病研究センター脳血管内科へ、糸山前教授の御高配によりレジデントとして赴任しております。病院は御堂筋線の北の終点である千里中央からバスで10分程の住宅地内にあり、伊丹空港から千里中央までモノレールで12分であることを考えると仙台からは思ったより近く感じられます。周辺は北摂と呼ばれる大阪の中でも有数の落ち着いた地域であり、転勤族も多いせいか関西弁は比較的マイルドです。万博記念公園が近く、太陽の塔の背中を眺めながら日々仕事をこなしております。

国循は言わずと知れた循環器科の病院ですが、開設当初より脳血管部門があり、全国からレジデントが集まり、そして現在、第一線で活躍されている先生方を多数輩出しております。近年ますます脳卒中診療に対するニーズの高まる中、国循も例外ではなく、2010年4月の独立行政法人化の際には英語名が「National cardiovascular center」より「National cerebral and cardiovascular center」となっております。

国循脳内は現在医師が約40人おり、外来4診、夜勤3名による24時間救急体制、SCU20床を含む100床程を管理する大所帯です。レジデントは主に入院業務を担当しますが、脳梗塞の他に脳出血も担当し、重症例には人工呼吸管理やIVHを始めとした集中治療技術も要求されます(SCUの4床は集中治療加算病床)。tPA静注療法も2005年の認可以降200例を超え(註:2012年5月現在300例超)、完全に日常診療に溶け込んでおり、日当直で3例使用したこともあります。また、手技としては指導医のもと、超音波検査や脳血管撮影などを行います。特に超音波検査は頸部血管を基本として、経食道心エコーも自ら行い、経頭蓋超音波、DVTを検索する下肢静脈エコーまで行います。希望すれば脳神経外科や、心臓血管内科へのローテート研修も可能です。血管内治療は行っておりませんが(註:2010年秋のMERCI国内承認に合わせて脳神経外科と合同での急性期脳血管内治療チームを立ち上げ、現在では積極的に治療しています)、3年間のレジデント生活にて脳卒中診療に関する基本的な考え方、手技は嫌でも身につきます。時折、脳血管障害以外の神経疾患も来院し、その際には東北大出身というだけで一目置かれ、相談されることもありますが、困ることは少なく、東北大神内の臨床レベルの高さを実感する良い機会となりました(ある意味重圧になりますが...)。

また、臨床だけではなく研究も行っているのが大きな魅力の一つです。レジデント一人一人にテーマが与えられ、臨床研究のみならず併設する研究所との共同研究が行われており、各人臨床の合間に研究を行っております。中には多施設共同研究や、国際共同研究へ参加するチャンスも与えられます。それらを国内のみならず国際学会で発表し、論文化に至るまで徹底した指導がなされます。先輩レジデントの中にはStrokeを始め、Annals of Neurology,NeurologyやCerebrovasular Diseasesのような有名誌に原著を載せた方も多数おります。私も入った早々にテーマを頂き、現在は国際学会を控え(しかも口演)、論文化のプレッシャーに耐える毎日です(この文章も逃避の一つ?)。

そして何よりこの3年間で得られる人脈が最も得難いものです。峰松副院長や豊田部長を始め、今まで教科書でしか名前をお見受けしなかったような国際的に活躍されている指導医の先生方、錚々たる国内共同研究者の先生方を身近に感じ、同じ志を持ち日本中から集まってきた同年代のレジデントと日々臨床、研究に励むことが今後の財産として活きていくことは間違いありません。臨床と研究の両立によりそれなりに多忙ではありますが、人数が多いことから大きなストレスを感じずに働くことができます。ちょうど3年のうちの半分が過ぎたところですが、残された時間を有効に昇華しレジデント修了後には仙台にて、この貴重な経験を還元し東北の脳卒中診療の臨床そして発展に微力ながら尽力したいと思います。

2010年8月
(東北大学神経内科HPより許諾を得て転載)

短期見学者の感想

『国循Stroke Care Unit (SCU)研修を終えて』

大山 英郎
(現 おさか脳神経外科病院 循環器内科部長)

昨年5月に厚生労働省医務局から「循環器病診療に従事する医師等の研修」という案内が舞い込んできました。3年前に同じように舞い込んできた救命救急修練という案内に私は参加して東京第2医療センターと沖縄中部病院で研修した際に、スムースでシステム化されたERの現状を勉強し、当院における救急連携がすこぶる改良できたとの評価をいただき、事務長等より「今回も是非、行ってきてください」といわれ今回の応募で参加させて頂きました。

今回、国立循環器病センターSCU(以下、国循SCU)の研修に参加できて本当によかったと思いました。地方では経験できない日本の最先端の脳卒中医療が経験できたことです。

私が実感したことを3点あげると

☆まず一点目は脳卒中を担う優秀な若手医師がたくさん育っていました。新医師研修制度になって脳外科医は激減しているという話をよく効きます。私は脳卒中内科医も絶滅してしまうのではと心配していました。優秀な若者が全国からこんなにたくさん脳卒中内科医を目指して集っていることは私にとって驚きで、彼らが地域の脳卒中を担ってくれる日まで私もがんばろうという元気を頂きました。国循SCUに若者があつまる背景には尊敬すべき魅力的な脳卒中内科指導者の充実があるからだろうと実感しました。

☆二点目は国循SCUでは、詳細な診察や超音波と血管造影による細やかな診断に立脚したテイラーメイド医療が行われていました。我々の脳卒中医療では、MRIまかせの診断やクリィティカルパス導入による診療の画一化が進み、入院時診断で退院時までの診療経過が決定してしまう現状があります。国循SCUでは入院後ほぼ2時間以内に詳細な神経所見を医師と看護士が行い、脳画像だけでなく超音波血管診断までがスムースに完了していました。

☆三点目はSCUが脳卒中医療として現実に機能していました。SCUが保険上利益加算され、香川県でもむりやりSCU宣言した医療機関がありますが、噂では「宣伝効果を期待して始めたけれど、実際に開始してみたがもうやめたい」などと耳にすることがあります。一番の理由は人員配置が困難だとの理由を聞きます。地方ではSCUという部屋を作ることに躍起になっていますが、国循SCUは、SCUというコメディカルを含めたチーム体制が核となっており、救急最前線から対応している点が成功の理由ではないかと考えました。更に私が理想とするなら、SCUから救急外来に医師のみでなく、看護士やリハ医ともども「チームSCU」として救急車を待ち構える体制ができるともっといいのではないかと思いました。

以上、実感したことをかってに申し上げさせて頂きましたが、改めて今回の研修に参加させていただき深く感謝いたします。

2010年1月

最終更新日:2021年10月08日

設定メニュー