ホーム > 診療科・部門のご案内 > 脳血管部門 > 脳血管内科・脳神経内科 > 脳血管内科(脳内Aグループ)

脳血管内科・脳神経内科

脳血管内科(脳内Aグループ)

1. 脳血管内科とは

脳血管内科は、1977年の国循開設時に山口武典初代部長(現名誉総長)によって開かれた診療科で、二代目の峰松一夫部長時代(1995年~2016年より病院長)を経て、現在に至っています。この間、一貫して脳血管障害の診断と治療に力を注ぎ、とくに脳卒中急性期の内科治療法の開発に努めてきました。
脳血管内科は脳血管障害を全身血管病として捉え、神経病学・循環器病学・救急医学・血栓止血学・画像診断学・リハビリテーション医学などの多角的な視点から診療と研究活動を進めています。豊富な入院患者の綿密なデータベースに基づいて、脳血管障害の症候学・病態生理・診断・内科治療などを解明する多くの研究を、連綿と発表し続けてきました。その活動実績を国内外で評価され、近年では脳血管障害研究の国際的中核機関と位置づけられるようになりました。厚生労働省や日本脳卒中学会、日本脳卒中協会などの関連学術団体等と連携を密に取りながら、全国多施設と共同して大型臨床研究を主宰する機会も増えています。とくに急性期脳梗塞患者へのrt-PA静注療法の国内承認および承認後の全国規模の調査・研究で国内の諸施設を牽引し(J-ACT, J-ACT II, MELT-Japan, J-MARS, SAMURAIなど)、近年の脳卒中急性期内科治療の発展に寄与する研究活動を続けています。海外からも国際共同臨床試験への参加を要請され、国内多施設共同での国際試験の実現に努めています(ATACH-II, EXTENDなど)。研究所やセンター外研究施設と連携したトランスレーショナル・リサーチの推進にも力を入れ、超音波血栓溶解療法の開発や新しい手法での脳循環代謝病態の分析などを行っています。
また、脳血管内科は脳卒中内科診療の担い手を多く養成する使命を帯び、それを実践してきました。歴代スタッフ・修練医が全国の第一線施設で活躍し、脳卒中診療の大きなネットワークを形成しています。現在も多くの専門修練医・レジデントが、最新診療技術の習得と夢のある臨床研究に励んでいます。
脳血管内科は、わが国の国民病である脳卒中の征圧を目指して、内外のパートナーと連携しながら診療・研究・若手の育成を進めています。

2. 部長ごあいさつ:『新しい人よ、集え』

豊田 一則先生

脳卒中は国民病です。そして、発症予防から救急治療、慢性期管理に至るまで、その治療の基本は内科です。適切で緻密な内科治療の延長線上に、外科治療や血管内治療が展開してゆきます。しかしながら、脳卒中の内科治療を担う人材は、圧倒的に足りません。

国循は開設の当初から、脳卒中内科治療の確立にこだわって来ました。混沌の中に木を接ぎ続けた先達に倣い、僕たちも自分なりの旗を掲げています。今春からの独法化とともに組織を改編し、多くの新たなミッションを課せられていますが、最大の使命が後進の育成であることは従来と変わりません。数年間の修練を行う人、短期間で見学する人、その形はさまざまですが、いつしか彼らから学校と呼ばれ始めたことを、誇りに思っています。僕たちもまた若い人たちの姿勢に学び、世代を超えて高め合えればと思います。

詩人ブレイクは鼓舞します。
目覚めなさい、新時代の若者よ。そしてその額を、無知な雇い兵に突き合わせなさい、と。
傭兵とは誰? 病魔、組織の不備、己の弱さ?
それに打ち克とうと志す人に、僕たちも呼びかけます、この学校に集わんと。

2010年8月 豊田 一則

3. 脳血管内科での研修を希望される方へ

脳血管内科を、一度観に来ませんか。レジデント(後期研修医)専門修練医の研修制度をはじめとして、短期間の研修・見学も広く受け入れています。

連絡先
部長の豊田一則<>か、
教育研修担当の佐藤祥一郎医師<>まで、気軽にご連絡ください。

4. スタッフ紹介

氏名職名専門医資格専門領域
豊田 一則 副院長
脳血管部門長
脳血管内科部長(併任)
日本内科学会認定医・指導医
日本神経学会専門医・指導医・代議員
日本脳卒中学会専門医・代議員
日本高血圧学会専門医・指導医・評議員
など

詳細を見る

脳血管障害
高血圧症
神経内科学
山本 晴子 臨床試験推進センター長(兼任)
理事長特任補佐
日本内科学会認定医・指導医
日本神経学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本医師会認定産業医
脳血管障害(急性期脳卒中)
高次脳機能障害
治験・臨床研究の計画・管理
横田 千晶 脳血管リハビリテーション科医長
脳血管内科医長(併任)
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本老年医学会専門医
日本脳卒中学会専門医・評議員
日本脳循環代謝学会評議員
脳血管障害
脳卒中リハビリテーション
脳循環代謝学
古賀 政利 脳卒中集中治療科医長 日本神経学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本神経超音波学会理事・脳神経超音波検査士
日本栓子検出と治療学会評議員
広島大学客員准教授
脳血管障害
山上 宏 医長 日本内科学会認定医
日本脳卒中学会専門医・評議員
日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
脳血管障害
脳血管内治療
超音波診断
佐藤 祥一郎 病棟医長 日本内科学会認定医
日本神経学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本脳神経超音波学会評議員・脳神経超音波検査士
世界脳卒中機構(WSO)Young Stroke Professionals Committeeメンバー
英文医学雑誌Cerebrovascular Diseases編集委員
脳血管障害の診療と臨床研究
井上 学 医長 日本内科学会認定医・指導医
日本神経学会専門医・指導医
米国心臓学会(AHA)特別正会員(Fellow)
欧州脳卒中学会(ESO)特別正会員(Fellow)
日本体育協会認定スポーツドクター
脳血管障害
神経症候学
脳卒中画像解析
園田 和隆 医師 日本内科学会認定医
日本神経学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
脳血管内治療
脳血管障害(急性期脳卒中)
高木 正仁 医師
蒔田 直輝 医師 日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医
脳卒中学
神経内科学
吉村 壮平 医師 日本内科学会総合内科専門医
日本脳卒中学会専門医
日本神経学会専門医・指導医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
日本脳神経超音波学会検査士
内科学(脳血管障害)
福田 真弓 データサイエンス部医師(脳血管内科・臨床試験推進センター普及啓発・相談支援室併任) 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本神経学会専門医
脳血管障害(急性期脳卒中)
治験・臨床研究の計画・管理
専門修練医:塩澤 真之、井 建一朗
レジデント:井手 俊宏、菊野 宗明、和田 晋一、有水 琢朗、岩崎 優子、安藤 大祐、中村 祐貴、藤田 恭平、熊本 将也、溝口 忠孝、田川 直樹、佐藤 健朗

5. 当科が取り組むプロジェクト
(最近10年間に主宰した多施設共同研究より)

1. BAT研究

BAT研究 The Bleeding with Antithrombotic Therapy Study

公式名称 循環器病委託費15公-1: 循環器疾患における抗血栓療法の問題点と対策
主任研究者 峰松 一夫
事務局 豊田 一則
研究内容のご紹介 BAT研究の紹介ページ

2. SUMO研究

The Stroke Unit Multicenter Observational Study

公式名称 厚生労働科学研究: わが国におけるStroke unitの有効性に関する多施設共同前向き研究
主任研究者 峰松 一夫
事務局 上原 敏志
研究内容のご紹介 http://stroke-unit.stroke-ncvc.jp/

3. インディケーター研究

公式名称 厚生労働科学研究: 脳卒中地域医療におけるインディケーターの選定と監査システム開発に関する研究
主任研究者 峰松 一夫
事務局 上原 敏志
研究内容のご紹介 http://www.storke-indicator.stroke-ncvc.jp

4. SCADS研究

SCADS研究 The Spontaneous Cervicocephalic Arterial Dissections Study

公式名称 循環器病委託費18公-5: 脳血管解離の病態と治療法の開発
主任研究者 峰松 一夫
事務局 松岡 秀樹 (現 鹿児島大学医学部附属病院)
研究内容のご紹介 http://scads-japan.stroke-ncvc.jp

5. SAMURAI研究

SAMURAI研究
The Stroke Acute Management with Urgent Risk-factor Assessment and Improvement Study

公式名称 厚生労働科学研究: わが国における脳卒中再発予防のための急性期内科治療戦略の確立に関する研究
主任研究者 豊田 一則
事務局 古賀 政利
研究内容のご紹介 http://samurai.stroke-ncvc.jp
研究概要 SAMURAI研究の紹介ページ

6. TIA研究

公式名称 厚生労働科学研究:一過性脳虚血発作(TIA)の診断基準の再検討、ならびにわが国の医療環境に則した適切な診断・治療システムの確立に関する研究
主任研究者 峰松 一夫
事務局 上原 敏志
研究内容のご紹介 http://tia.stroke-ncvc.jp

7. 脳卒中均てん化研究

脳卒中均てん化研究

公式名称 平成22年度 循環器病研究開発費:新しい脳卒中医療の開拓と均てん化のためのシステム構築に関する研究
主任研究者 峰松 一夫
事務局 横田 千晶
研究内容のご紹介 http://kintenka.stroke-ncvc.jp

8. ATACH II研究

公式名称 Antihypertensive Treatment of Acute Cerebral Hemorrhage-II、米国NIH助成 (ClinicalTrials.gov number, NCT01176565; UMIN000006526)
主任研究者 豊田 一則(日本側研究者代表)
事務局 古賀政利、有廣昇司、佐藤祥一郎
研究内容のご紹介 http://atach2.com/

9. 脳卒中高リスク群研究

公式名称 厚生労働科学研究:脳卒中高リスク群の診断及び治療による循環器疾患制圧に関する研究
主任研究者 峰松 一夫
事務局 早川 幹人、佐藤 祥一郎
研究内容のご紹介 適切な治療介入が行われなければ高率に脳卒中やその他の循環器疾患を発生しうる無症候性頸動脈狭窄、TIA、AFなどの高リスク疾患群の我が国における診療実態とその問題点(診断手順、治療法・治療薬の選択など)を明らかにし、その解決策を提言する。これにより、本疾患群対策の重要性を一般市民へ効果的に啓発し、一般診療医(開業医、非専門医)レベルで効率的にスクリーニングし、さらに専門医で迅速かつ合理的に診断、治療を実施するためのシステム構築を行う。具体的には、(1)都市部一般住民を対象とするサブクリニカルデータに基づく脳卒中予防に関する研究、(2)無症候性頸動脈狭窄の自然経過と予防治療に関する研究、(3)TIA例の脳心血管イベント発症に関する前向き登録研究、(4)AF患者の虚血性脳血管障害発症と予防治療に関する研究、(5)脳血管内治療の役割と安全性に関する研究を実施する。

10. THAWS研究

THAWS研究 THrombolysis for Acute Wake-up and unclear-onset Strokes Trial

公式名称 睡眠中発症および発症時刻不明の脳梗塞患者に対する静注血栓溶解療法の有効性と安全性に関する臨床試験
主任研究者 豊田 一則
事務局 古賀 政利、井上 学
研究内容のご紹介 現在はアルテプラーゼ静注療法の対象とならないことが多い、起床時発症脳梗塞や発症時刻不明脳梗塞患者のうち頭部MRI検査所見で発症から数時間以内である可能性が高い患者に対して同療法の効果を調べる研究です。国内の35施設が協力して300人の患者を登録しアルテプラーゼ治療もしくは標準治療を行い、有効性と安全性を評価します。本年(2014年)から開始し、試験期間は3年間を予定しています。
http://thaws.stroke-ncvc.jp/

11. BAT2研究

BAT2研究

公式名称 日本医療研究開発機構(AMED)研究事業 脳卒中研究者新ネットワークを活用した脳・心血管疾患における抗血栓療法の実態と安全性の解明
The Bleeding with Antithrombotic Therapy Study 2
研究代表者 豊田 一則
事務局 佐藤 祥一郎、山口 佳剛
研究内容のご紹介 抗血栓療法新時代において、脳血管障害を中心とした循環器疾患患者への経口抗血栓薬(抗血小板薬・抗凝固薬)の使用実態と安全性を解明するため、全国から6000例を登録し、2年間の観察を行います。研究期間は、2016年から3年間の予定です。
http://bat2.stroke-ncvc.jp

12. 循環器疾患レジストリー研究

公式名称 日本医療研究開発機構(AMED)研究事業 脳卒中を含む循環器病の診療情報の収集のためのシステムの開発に関する研究
研究代表者 峰松 一夫
事務局 佐藤 祥一郎、園田 和隆
研究内容のご紹介 脳卒中を含む循環器病に関する登録研究(レジストリー)に関するシステマティックレビューを行うと同時に、日本脳卒中データバンクなどの既存レジストリーの妥当性検討とシステム改変、試験的運用を通して、わが国に最適な診療情報収集システムを提案します。研究期間は、2016年から2年間の予定です。

6.当科が最近主宰した医学会

1.12th Meeting of the Neurosonology Research Group of the World Federation of Neurology

会長 山口 武典
会期 2005年7月13日~7月15日
会場 ホテル阪急エキスポパーク(吹田市)

2.第24回日本脳神経超音波学会

会長 峰松 一夫
会期 2005年7月11日~7月13日
会場 ホテル阪急エキスポパーク(吹田市)
学会HP http://wwwsoc.nii.ac.jp/jan/index.html
開催記 第24回日本脳神経超音波学会開催記のページ

3.日本神経学会第89回近畿地方会

会長 峰松 一夫
会期 2008年12月6日
会場 千里ライフサイエンスセンター(豊中市)
学会HP http://www.neurology-jp.org/

4.第12回日本栓子検出と治療学会(Embolus 2009)

会長 峰松 一夫
会期 2009年10月9日~10月10日
会場 大阪国際会議場(大阪市)
学会HP http://embolus2009.stroke-ncvc.jp/
開催記 第12回日本栓子検出と治療学会(Embolus2009)開催記のページ

5.第10回日本頸部脳血管治療学会(JASTNEC 2011)

会長 峰松 一夫
会期 2011年6月9日~6月11日
会場 千里ライフサイエンスセンター(豊中市)
学会HP http://jastnec2011.stroke-ncvc.jp/

6.第13回 International Symposium on Thrombolysis Thrombectomy and Acute Stroke Therapy (TTST 2016 Kobe)

会長 森 悦朗(東北大学) ※副会長:峰松一夫、運営委員長:豊田一則
会期 2016年10月30日~11月1日
会場 神戸国際会議場(神戸市)
学会HP http://www2.convention.co.jp/ttst2016/

7. 第42回日本脳卒中学会学術集会(STROKE 2017)

会長 会長:峰松一夫 ※運営委員長:豊田一則
会期 2017年3月16日~3月19日
会場 大阪国際会議場(大阪市)
学会HP http://stroke2017.com/index.html

8. 第60回日本脳循環代謝学会学術集会(BRAIN Japan 2017)

会長 会長:峰松一夫 ※運営委員長:横田千晶
会期 2017年11月3日~11月4日
会場 千里ライフサイエンスセンター(豊中市)
学会HP http://stroke-ncvc.jp/brain2017/

7. 当科の業績

    最終更新日 2017年10月02日

    ページ上部へ