メニュー

弁膜症クリニック

診療科等の概要

 

弁膜症クリニックお知らせ 

国立循環器病研究センター 弁膜症クリニックでは、弁膜症を有する患者さんに専門的な知識と先進的な検査を駆使し、正確な診断とより良い治療を提供しております。
このクリニックでは、患者さんは循環器専門医と心臓血管外科専門医で構成された専門家チームの一人の診察を受けますが、情報はチームで共有されカンファレンスで治療方針が決定されます。その結果、紹介医の先生方や患者さんにはより良い治療法を提案し、必要に応じて外科手術やカテーテル治療を行わせていただきます。

平日、月曜日から金曜日まで毎日対応させていただきます。対象となる患者さんがおられましたら、ぜひご紹介ください。

患者さんをご紹介いただく際には、「診療予約依頼書 兼 診療情報提供書」 に必要事項をご記入の上、
専門医療連携室(06-6170-1348)へFAXでご送信ください。

「弁膜症クリニック 診療希望」とご記入いただきますようお願い申し上げます。

月曜日から金曜日まで、すべての曜日で対応しています。
 曜日に関しましては、可能な限りご希望に沿わせていただきますので、ご遠慮なくお申しつけください。

 

どのような患者さんが弁膜症クリニック受診の対象となりますか?

弁膜症クリニックは、弁膜症をお持ちの方・弁膜症の疑いがある方はどなたでも樹脂にいただけます。特に、下記のご希望や疑問がある患者さんはぜひ受診をお勧めします。

  • 弁膜症と診断されたけれど、どの程度深刻なのか知りたい。
  • 弁膜症といわれたが手術の必要性や時期について不安がある。
  • 心筋梗塞後の検査で僧帽弁逆流があるといわれた。
  • 弁置換が必要といわれたが、形成(自己弁の温存)ができないの?
  • 機械弁と生体弁、どっちが良いの?
  • 小さい切開創で手術をしてほしい。
  • 開胸しないでカテーテルを用いた弁植込み術やロボット手術を受けたい。
  • 成績の良い病院で手術を受けたい。

弁膜症クリニックでは、これらの疑問やご要望にお答えします。

弁膜症クリニックを受信するにはどうしたらよいですか?

中央窓口1番(初診)に紹介状をお持ちになってください。弁膜症クリニック受診希望の旨をお伝えください。
紹介状の内容により、また、いらしていただいた曜日と時間により初診外来にお回りいただくこともございます。
詳細は、こちらをご確認ください。

 

最終更新日:2022年10月12日

設定メニュー