ホーム > 看護部署紹介 >1階2階初診外来・専門外来の看護のご紹介

1階2階初診外来・専門外来の看護のご紹介

外来は、初診外来と18診療科ある専門外来で診療を行い、本年度より心臓リハビリテーション指導士の仲間も増え、患者さんが安心して安全に診療を受けて頂けるよう、多職種と連携を密にとり協働しています。
初診外来では、問診から病態の的確な観察と状況を把握して、緊急性を判断しながら、連絡と調整を行い迅速な対応を行っています。
専門外来では、幅広い知識と技術をもとに、高度なコミュニケーション能力を発揮し、日々わかりやすい丁寧な説明を心掛けております。
また、良好な状態で在宅療養が継続できるように、糖尿病・腎症外来、新規デバイス植え込み患者さん、妊産婦、育児、心不全看護相談に加え、CNSによる小児移行期支援看護外来を行っています。限られた診療時間の中で効率よく、質の高い看護相談となるよう日々探究しています。
初めてセンターを訪れる患者さんが、最初に接する医療従事者が、私達外来看護師です。病院の顔であることを自覚し、笑顔・思いやり・おもてなしの心を持ちながら看護提供しています。



【医療情報の提供】

  • BLS講習会:毎月2回実施
  • 認知症に関する公開講座 5回╱年
  • 健康ハートの日 1回╱年
  • 歯周病と循環器疾患
  • 肥満・脂質異常・高血圧 各2回╱年
  • 腎臓病ってなあーに・腎臓病 2回╱年
  • 食中毒にご注意!
  • 糖尿病ってどんな病気?
  • 世界糖尿病デ―
  • 虫歯予防週間
  • 禁煙週間
  • 感染予防について
【看護相談(2017年度実績)】
  • 糖尿病看護相談 249件
  • 腎症看護相談 139件
  • 妊産婦・育児相談 707件
  • デバイス看護相談 総数 266件
    ペースメーカー 植込み型除細動器(ICD) 心臓再同期療法(CRT) 
    両室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRTD) 

初診外来・専門外来のここがお勧め!

1)来院者への幅広い知識に裏付けされた医療情報の発信
2)糖尿病・腎症看護外来とフットケア外来
循環器疾患との合併症により、生活習慣の改善やコントロールの難しい糖尿病患者さんに対し、医師・看護師・栄養士で情報共通しながら、看護師が一緒に考えアドバイスをすることで予防的な指導を行っています。また、糖尿病により足の病変が起こりやすく重症化しやすいため、WOCナースと連携して患者さんのケアをしながら生活スタイルに合ったケア方法を検討しています。

新人看護師からひとこと

心臓リハビリを担当しています。患者さん1人1人の生活背景を考えてサポートするのはとても大変です。しかし、患者さんと共に、再発予防や復職などそれぞれの目標に向かい、リハビリによって改善や効果が認められると達成感を感じます。

中堅看護師からひとこと

助産師として、妊娠をして喜びとともに色々な悩みを持って健診に来られる妊産婦にできる限り寄り添いながら、出産までの心の準備ができるよう、お腹の中にいる赤ちゃんに会える喜びを一緒に感じながら日々関わっています。



看護師長からひとこと

循環器疾患ナショナルセンターの看護師として、高度で専門的な診断・治療の介助だけでなく、患者さんのセルフケア向上のために、デバイス・糖尿病・心不全・小児・妊産婦を対象に看護外来を実施しています。また、循環器疾患の予防に役立つ情報を発信するため、様々なイベントや講習会を開催していますので、ぜひ気軽に参加して頂きたいと思っております。私達外来看護師は、疾病の予防や管理の方法について、患者さんの生活の中でできることを共に考えながら支援していきます。

看護部署紹介

最終更新日 2018年10月03日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ