ホーム > 看護部署紹介 >1階 カテーテル検査室の看護のご紹介

1階 カテーテル検査室の看護のご紹介

カテーテル検査室では私たち看護師と、医師、生理機能師、放射線技師等が、カテーテル検査・治療の業務に携わっており、多部門と連携をとるチーム医療を行いながら日々患者さん1人1人の安全・安楽を考えた看護に取り組んでいます。検査・治療中の患者さんの訴えに心を向け、少しでも不安や苦痛が軽減できるように援助を行っています。
当院は循環器専門病院であることから、心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術、カテーテル心筋焼灼手術(カテーテルアブレーション)などに加え、肺循環科や脳血管内科・外科等の検査・治療も行っておりカテーテル室の部門は多岐に渡ります。診療科も幅広く、最先端の治療などを先駆的に行われています。患者さんの対象は新生児から高齢者まで幅広いことから、年齢に合わせた対応やリスクの判断が必要となり、広い知識や専門性の高い看護が求められるため私たちも日々看護の向上に取り組んでいます。


1階 カテーテル検査室のここがお勧め!

『カテーテル室看護の情報を発信!継続看護に繋げるために』

BLS勉強会では、緊急カテーテル時のデモンストレーションを医師、生理機能師、放射線技師、緊急外来看護師等が参加して、実際の現場で連携をとった医療・看護の実践が出来るようにしています。

新人看護師からひとこと

カテーテル検査室はどのようなところかイメージがつかず、不安が大きい状態で就職しましたが、先輩が検査・治療の流れを細かく丁寧に指導してくれ、手技が安全に患者さんに実施できるまでフォローについてくださります。病棟よりも患者さんに対して接する時間は少ないですが、患者さんからの感謝の言葉を聞いたりすると、とてもうれしく、やりがいにも繋がっています。

中堅看護師からひとこと

カテーテル検査・治療は、ほとんどの患者さんは意識がある状態のため、看護師は傍に寄り添い不安や苦痛の軽減を図ります。初めて会う患者さんとの短時間でのコミュニケーシンで信頼関係を築きあげるといった看護の特徴があります。

看護部署紹介

最終更新日 2016年07月19日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ