ホーム > 看護部署紹介 > 9階東病棟の看護のご紹介

9階東病棟の看護のご紹介

9階東病棟は、脳動脈瘤(未破裂)、くも膜下出血、頸動脈狭窄、もやもや病、脳動静脈奇形脈、脳腫瘍などの患者さんの入院を受け入れています。検査・治療目的の入院や、手術前後の看護、NCUでの集中治療を終えられた患者さんに対して根拠に基づいた看護を日々行っています。
脳の疾患では何らかの機能障害を抱えた患者さんが多くいらっしゃいます。そのため、急性期から回復期に向けた看護やリハビリテーションを早期より行い、社会復帰への援助を看護師だけではなく多職種と相談し連携しながら行っています。また食事やシャワーやトイレなどの日常生活援助や、患者様のニードに応じた援助を取り入れ、乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層にあわせた看護を行っています。


【主な疾患】

  • くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞、もやもや病、頸動脈狭窄症、脳腫瘍、脳動静脈奇形など

【主な治療・検査】

  • カテーテル検査、クリッピング術、バイパス術、摘出術、血管内治療、頸動脈内膜剥離術、ステント留置、ガンマナイフ など

9階東病棟のここがお勧め!

医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、地域連携室などとチームになってカンファレンスを行い患者様の社会復帰に向けた取り組みを全員で行っています。病棟には、何らかの身体的機能障害をもった患者さんが多くいらっしゃいます。しかし、患者さん個々で出現する症状の有無や程度は異なります。そのため、一つとして同じ看護はなく、患者様の状態について多職種でカンファレンスを行い、患者さんそれぞれの能力に応じた個別性に合わせた看護・リハビリテーションを行い、退院後の生活に合わせた退院指導を行っています。

新人看護師から一言

先輩からひとつひとつ丁寧に指導を受けながら、患者さんの個別性に応じたケアを行うことができます。ADLの向上や社会復帰に視点を置き患者様に関わることができます。 さまざまな患者さんがいらっしゃるので自身の看護観を日々養うことができます。

中堅看護師から一言

同じ疾患でも症状や程度は患者様個々によって全く異なります。病棟内の雰囲気も良く、先輩や後輩と話し合いながらその方に合った看護介入を行っています。私たちが介入していることによってどんどんよく変わっていく患者さんを見ていると毎日看護のやりがいを感じています。



病棟師長から一言

9階東病棟は、周手術期から回復期まで様々な経過段階にある患者さん、そして乳幼児から高齢者まであらゆる発達段階にある患者さんと、看護の対象が多岐にわたる病棟で、多くの経験、学びを得ることができます。患者さんにとって何が最良かを日々試行錯誤しながら病棟一丸となり考え、実践する毎日です。スタッフは公私ともに仲が良く、チームワークの良さが日々の看護実践にも活かされていると感じています。

看護部署紹介

最終更新日 2018年10月01日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ