ホーム > 看護部署紹介 >7階東病棟の看護のご紹介

7階東病棟の看護のご紹介

7階東病棟では原発性不整脈に限らず、心筋症、虚血性心疾患なども受け入れており、不整脈以外の基礎疾患を持つ二次性の不整脈患者さんも多く入院しています。病棟では心電図モニターを常時観察し異常の早期発見に努め、医師と協力しながら適切な治療と看護を実践しています。治療は主にカテーテルアブレーションやペースメーカーなどのデバイス植込術、最近では特に完全皮下植込型除細動器(S-ICD)や着用型自動除細動器といった新しい治療も行われています。いつ不整脈が起こるかわからない為に不安を抱える患者様への精神的援助や退院後の生活指導として電磁障害や感染予防、ホームモニタリング機器の導入、ご家族を含めた心肺蘇生法、薬剤師と連携した内服指導を行っています。

また、ホームモニタリング外来を活用して退院後の患者様の精神的ケアを行うと同時に、外来で患者様から伺ったお話の内容を病棟での患者様への生活指導などに役立てるなど、連携して看護を提供しています。


【主な疾患】

  • 心房細動、心房粗動、発作性上室性頻脈、心室性頻脈症、洞不全症候群、房室ブロック、QT延長症候群、WPW症候群、不整脈原性右室心筋症、Brugada症候群 など
【主な治療・検査】
  • カテーテルアブレーション、ペースメーカー植込術、植込型除細動器(ICD)植込術、完全皮下植込型除細動器(S-ICD)、心室再同期療法(CRT)、着用型自動除細動器、エキシマレーザーを使用したデバイス/リード抜去術、電気的除細動(DC)、冠動脈造影、経皮的冠動脈形成術 など

7階東病棟のここがお勧め!

不整脈領域では、薬物治療に加えて、致死性不整脈による突然死予防の為に、植込型除細動器(ICD)や心不全に対する治療として心室再同期療法(CRT)などのデバイス治療を必要とする患者さんが増加しています。植込まれたデバイスの設定を理解し、患者さんの状態や心電図モニターの観察に努めています。また、不整脈の最新医療にも取り組んでおり、完全皮下植え込み型除細動器(S-ICD)や着用型自動除細動器(ライフベスト)を導入している患者さんへのケアが安全に行えるように、勉強会を行い、日々不整脈の知識・技術を磨いています。



新人看護師から一言

自己の課題や目標に対して病棟全体で支援・指導して頂きながら日々勉強に取り組んでいます。不整脈は苦手でしたが、日々モニター観察を行い、勉強する事で心電図を徐々に読む事が出来るようになってきました。自立した看護技術も増え、やりがいを実感しています!

中堅看護師から一言

新人看護師教育という役割を担っています。新人看護師の皆が日々成長していく姿を見る事ができ、大変やりがいを感じています。患者さんへの質の高い看護を提供できるように、新人看護師とともに頑張っています。

看護師長から一言

7階東病棟ではスタッフみんなで患者様のQOL向上のため、疾患や治療の勉強のみならず、安心して入院生活を送れるように療養環境の整備をしています。また、退院後の生活を不安なくその人らしく暮らせるように丁寧な退院支援をしています。そのほか、不整脈を持つ患者様のご家族にもできるだけ安心して生活いただけるように家族支援にも力を入れています。患者さんとご家族に寄り添った看護を心掛けています。

看護部署紹介

最終更新日 2018年10月02日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ