ホーム > 看護部署紹介 >6階東病棟の看護のご紹介

6階東病棟の看護のご紹介

6階東病棟には心臓血管外科・成人期の先天性心疾患の患者さんが入院されています。心臓血管外科では狭心症や心筋梗塞に対してバイパス術や低侵襲バイパス術(MID CAB)、弁膜症に対して開心術、低侵襲による小切開(MICS)・カテーテル手術(TAVI)の手術が積極的に行われています。心機能を評価して術後は2日目より歩行訓練を開始し、早期離床を進めることによって回復を促し、術後7~10日前後での退院を目指しています。
成人先天性心疾患患者さんの病態は複雑であり、熟練の専門医による治療を必要とします。当院は国内屈指の治療環境が整っており、全国から患者さんが入院されています。患者さんが安心して治療、入院生活に臨めるよう、医師とのカンファレンスを通じて情報共有し、病態の把握を行いながら、個別性に応じたケアの提供を実践しています。


主な疾患・治療・手術
【疾患】
  • 不安定狭心症、心筋梗塞
  • 弁膜症疾患
  • 心房中隔欠損症
  • ファロー四徴症
  • 単心室
【手術・治療】
  • 冠動脈バイパス手術
  • 弁置換・形成術
  • 小切開弁膜症手術(MICS)、経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)
  • 心室・心房中隔欠損閉鎖術
  • 心房中隔欠損孔閉鎖術(ASO)
  • 右室流出路角再建術(RVOTR)
  • 完全大静脈肺動脈吻合術(TCPC)

6階東病棟のここがお勧め!

心臓外科看護と成人先天性心疾患看護のスペシャリストを目指しています!

心臓外科は、西日本一のオペ件数を誇り約400例の冠動脈バイパス術、弁置換術等を行っています。クリティカルパスに沿って入院から退院までサポートさせて頂くことで、一人ひとりに統一した看護が提供され、早期離床につながり、術後7日~10日には退院されます。手術直後の一番辛い時期に離床を進めなければならないですが、退院のときに「あのリハビリがあったおかげ、ありがとう」と笑顔で帰っていかれる姿をみて私たちもやりがいを感じています。

小児循環器科では、治療や手術の進歩によって、先天性心疾患患者さんの9割が成人期を迎えられるようになっています。患者さんは、再手術や心臓カテーテル検査による心機能評価、妊娠・出産が可能な心機能が維持されているかの判定などの目的で入院されています。このような患者さんに応じたケアや看護介入をしていくため、看護師と医師、薬剤師などのコメディカルがチームワークを発揮して医療を提供しています。

新人看護師からひとこと

大きな手術を乗り越え、元気になって退院される患者さんの姿をみて、喜びとやりがいを感じています。先輩も手厚く指導してくださるので私も患者さん一人一人に合わせた看護ができるように日々頑張っています。

中堅看護師からひとこと

20代から90代まで患者の年齢層は幅広いですが、患者の回復をともに喜び・支援し、満足できる入院生活を送って頂けるよう、担当看護師を中心に患者・家族のニーズに応じた看護を提供しています。

看護部署紹介

最終更新日 2016年07月19日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ