ホーム > 看護部署紹介 >3階 NCU病棟の看護のご紹介

3階 NCU病棟の看護のご紹介

NCU病棟は、脳血管障害術前および術後急性期の脳神経外科系重症患者を収容している集中治療室です。患者さんの神経症状の観察、循環・呼吸・代謝などの管理を集中的に行いスムーズな手術への導入と術後管理により、救命・回復を図ることを目的としています。高い水準で行われる治療前後の高度な管理、看護を担っています。脳の病態を正確に把握し、損傷を最小限にとどめられる様知識、技術の習得に惜しまぬ努力をしています。意識レベル・麻痺の進行など看護師の五感を使った観察により異常の早期発見に努める一方、急激な発症、緊急手術とめまぐるしく変わる状況の中で混乱や不安を抱いているご家族への精神的支援にも配慮しています。

主な疾患・検査・説明
【疾患】
  • くも膜下出血・脳出血
  • 脳梗塞
  • 脳動脈瘤
  • 脳動静脈奇形
  • 脳腫瘍
  • もやもや病
  • 内頸動脈狭窄症・閉塞症
【治療】
  • 脳動脈瘤(未破裂)くも膜下出血
    クリッピング術・バイパス術・血管内治療(コイル塞栓術)
  • 脳動静脈奇形
    血管内治療(コイル塞栓術)・摘出術
    ガンマナイフ
  • 内頸動脈狭窄症
    頸動脈内膜剥離術・ステント留置術
  • もやもや病(小児/成人)
    バイパス術
  • 脳腫瘍
    腫瘍摘出術
    ガンマナイフ

3階 NCU病棟のここがお勧め!

NCUでは脳卒中患者の緊急入院を受け入れています。ほとんどの患者は周手術期であり、状態が変化しやすい時期であるため、密な観察が必要です。また、医師とコミュニケーションを取り、重症な患者さんへの処置が迅速に行える環境を整えています。

脳卒中は予兆がなく突然発症することが多く麻痺などの後遺症が残る事が少なくありません。 手術後早期にリハビリを開始し、機能の維持・回復を目指して人工呼吸器装着中または、脳卒中発症直後より作業療法士・理学療法士・言語聴覚士や他のコメディカルと共にリハビリを行っています。 超急性期から回復期の患者さん・ご家族を中心とした医療を実践しています。

新人看護師からひとこと

病棟の先輩は、優しく、時に厳しく教育してくださいます。できていたこと、できていなかったことを丁寧に振り返り、自分で気づけていなかったことを気づかせてくださり、恵まれた環境で働かせてもらえていると感じています。

中堅看護師からひとこと

NCUでは術前・術後の超急性期における患者の薬剤・呼吸・循環をはじめとする全身管理を要し、救命を図ります。そして、クリティカルな状況におかれ刻々と変化する状況に戸惑いや不安を持つ患者・家族への精神的な支援も大切なNCU看護師の役割です。カンファレンスを行い病棟一丸となってより良い看護を考え、看護に取り組むことにやり甲斐を感じています。

看護部署紹介

最終更新日 2016年07月21日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ