ホーム > 看護部署紹介 > 9階西病棟の看護のご紹介

9階西病棟の看護のご紹介

9階西病棟には生活習慣病である糖尿病・代謝内科、高血圧・腎臓科や虚血性心疾患、肺高血圧症、心不全など様々な疾患の患者さんが入院されています。
慢性期の方が多く、患者さん個々に応じた薬物療法・食事療法・運動療法などを提供しています。退院後も日常生活管理が継続できるように医師・看護師・薬剤師・栄養士・臨床検査技師による生活習慣病教室を開催しています。教室には入院中の患者さんだけでなく、ご家族にも参加していただき、入院前の生活を振り返りながら退院後の生活を見据えて支援しています。糖尿病・代謝内科では、多職種合同カンファレンスを1回/週、開催しています。治療内容や日常生活上の問題点が解決できる様に各職種が専門性を発揮し、改善策を検討しています。また、退院後も外来で継続して支援できるよう、外来看護師とも連携し生活指導を行っています。
当センターでは4階に透析室があり、9階西病棟に所属する看護師が主に働いています。もともと透析を受けている患者さまが検査や手術を目的として入院された場合や、透析を導入するために入院された患者さんの透析を行っています。


【主な疾患】

  • 慢性腎不全・腎炎・ネフローゼ症候群・本能性高血圧・二次性高血圧
  • 糖尿病・肥満症・脂質代謝異常症など
  • 肺高血圧症・冠疾患(心筋梗塞・狭心症)・心不全・不整脈

【主な治療・検査】

  • 24時間血圧測定(ABPM)、カプトプリル負荷試験、腎生検、血液透析、経皮的腎動脈形成術(PTRA)、持続血糖測定(CGM)、内臓脂肪測定、心臓カテーテル検査、経皮的血管治療

9階西病棟のここがお勧め!

退院後も日常生活管理ができるよう一丸となって取り組んでいます!

医師・看護師・薬剤師・栄養士・臨床心理士・臨床検査技師など多職種で教室やカンファレンスを実施しています。疾患の特徴として入退院を繰りかえすことが多いため外来看護師ともカンファレンスで情報を共有し、指導内容を検討しています。患者さんやそのご家族と向き合いながら、患者さん自身が行動変容できるような支援を心がけています。看護師間はもちろんの事、医師をはじめそれぞれの職種との関係性も良く、いつでも相談できるので患者さんのより良い看護に繋がっていると感じています。


新人看護師から一言

様々な疾患の患者さんが入院されているので多くの知識が必要となり難しいなと思うこともありますが、先輩方から優しく丁寧な指導を頂けるので、日々看護の楽しさも感じています。ぜひ私たちと一緒に働きましょう!

中堅看護師から一言

生活習慣病は多くの循環器疾患の基礎疾患となっています。疾病予防の観点から、退院後の生活を見据えた改善点を見出し、患者さまとご家族が病気と向き合っていけるような関わりを心がけています。多職種間での協力体制が整っています。



看護師長から一言

9階西病棟では様々な内科疾患の患者さん、他科の入院も積極的に受け入れています。慢性疾患や生活習慣病の患者さんとしっかり向き合って、その人にあった看護が提供できるようにベッドサイドでの看護を大切にしています。今年度はプライマリー意識を向上させ、チームで看護が展開できるように病棟一丸となって取り組んでいます。最初は覚えることも多く大変に感じるかもしれませんが、経験豊富で笑顔の素敵な先輩ナースたちが丁寧に指導してくれるので安心して来てください。一緒に働けることを楽しみにしています。

看護部署紹介

最終更新日 2018年10月01日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ