ホーム > 看護部署紹介 >7階西病棟の看護のご紹介

7階西病棟の看護のご紹介

7階西病棟は主に肺高血圧症、虚血性心疾患の患者様が入院されています。肺高血圧症の拠点病院は全国で4施設あり、当院はそのうちの1施設です。そのため、全国からたくさんの患者さんが来られ、医師、薬剤師、他コメディカルと連携し、より良いケアが提供できるように取り組んでいます。また、エポプロステノール持続静注療法を導入される患者様は退院後も薬液の作成や交換、ヒックマンカテーテルの管理を行っていかなければなりません。個別性に合わせた指導を行い、在宅へ帰ってもその人らしい生活が送れるように退院後を見据えた看護を行っています。また、平成25年より開設した肺高血圧ケア外来では、病棟看護師が退院後の患者さんの生活や身体状況の把握や、皮膚トラブルの有無等を確認し、必要な指導・処置が継続して提供できるようにしています。患者さんからは、入院中に関わっていた看護師が外来でケアすることに「とても安心です」との声が多く、それが私たちの励みにもなっています。


【主な疾患】

  • 肺高血圧症、冠動脈疾患(急性心筋梗塞・不安定狭心症など)、心不全(心筋症・弁膜症など)、不整脈(高度房室ブロック・心室頻拍など)
【治療・検査】
  • バルーン肺動脈形成術(BPA)、肺動脈造影、心臓カテーテル検査、冠動脈造影、心筋生検、経皮的冠動脈形成術、ペースメーカー植え込み

    7階西病棟のここがお勧め!

    7階西病棟の魅力は肺高血圧症に対する様々な治療に関わることができることです。エポステノール持続静注療法の他にもトレプロスト持続皮下注療法、ベンテイビス吸入など多くの新しい治療が出てきています。それぞれの治療を受ける患者さんに対して、コメディカルと協力しながら個別性のある看護の提供に努めています。また、定期的に医師と合同の勉強会も開催され学習する機会も多くあります。そして、肺高血圧看護に関する研究に取り組み、学会発表を通して情報発信しています。

    新人看護師から一言

    新しいことの連続で大変なこともありますが、先輩方にサポートしていただきながら充実した毎日を送っています。7階西病棟では先輩が疾患や治療などについての勉強会を開いてくれるため学習する機会も多くあります。是非一緒に働きましょう。

    中堅看護師から一言

    エポプロステノール持続静注療法を導入された患者さんを対象としたケア外来を担当することも多くなり、患者さんの入院中の状態はもちろん、退院後のことも考えながら関わるようにしています。7西病棟は看護師、医師、他コメディカルとの交流も多くとても働きやすいです。

    看護師長から一言

    7階西病棟のスタッフは、信頼される看護の提供を目指し、やり甲斐を持って看護をしています。肺高血圧症は、新しい治療薬の開発で予後も大きく改善されました。希な疾患ですが認知されるようになり当院には拠点病院ということもあり、全国から多くの患者様が来られています。新しい治療が増え、特殊な薬剤管理方法や機器管理が必要なため、看護師には専門性の高い知識・技術の取得と在宅療養に向けた患者指導の能力も求められます。業務で忙しい日々ですが、重症な患者さんの病状が改善し、退院後の生活を見据えた援助や支援をすることで、看護師としての"喜び""やり甲斐"を感じつつ、日々精進できることが魅力の病棟です。新人看護師も病棟の一員として活躍できる看護師になれるよう、先輩看護師の指導のもと新しい経験を積みながら着実に成長しています。

    看護部署紹介

    最終更新日 2018年10月02日

    • 循環器病情報サービス
    • 研修・セミナー・イベント
    • インターンシップ・説明会・見学会
    • 職員募集専用サイト
    ページ上部へ