ホーム > 看護部署紹介 > 1階 CCU病棟の看護のご紹介

1階 CCU病棟の看護のご紹介

CCU病棟は心臓内科系集中治療室です。冠状動脈疾患、心不全、不整脈、肺循環、末梢血管疾患等の内科系疾患のクリティカルケアを要する患者さんの集中治療ケアを行っています。突然発症に伴う緊急を要する疾患で入院された患者さんの救命、そして患者さんとご家族の不安な気持ちに寄り添った看護実践をすることに努めています。一日でも早く危機的状況を脱し、一般病棟へ移ることができるよう、多職種と連携しチーム医療に努めています。また、併設されている緊急外来では、全診療科の患者さんの受け入れをしています。

【主な疾患】

  • 急性冠症候群
  • 急性心不全
  • 重症不整脈
  • 急性呼吸不全
  • 心停止後症候群
  • 急性大動脈解離 など

    【主な検査・治療】

    • CAG(冠動脈造影検査)
    • PCI(経皮的冠動脈形成術)
    • 人工呼吸器
    • IABP(大動脈バルーンパンピング)
    • PCPS(経皮的心肺補助)
    • 低体温療法 など

    1階 CCU病棟のここがお勧め!

    CCU
    CCUに入室される患者さんは様々な理由で生命が危機的状況に陥っています。最も重症になると各種補助循環装置が装着されます。看護体制は2:1で、クリティカルケアに努めています。

    急性期リハビリテーション
    循環動態に注意し、できるだけ早期から心臓リハビリテーションを開始することで、ADLの低下(関節拘縮・筋力低下・腓骨神経麻痺など)を防ぎます。

    緊急外来
    緊急外来では、当センターにおける全診療科を対象とした緊急外来を併設しており、年間約6,000人の患者さんに対応しています。

    新人看護師から一言

    CCU病棟には重症、重篤な患者さんが入院されています。同期で支え合い、先輩方のサポートのもと、患者さんの健康回復に向け日々頑張っています。自信を持って看護が提供できるよう学習に励み、スキルアップを目指します。

    中堅看護師から一言

    CCU病棟に配属され、3年目となりました。プリセプターとしての新人看護師のフォローや緊急外来勤務など、初めてのことが盛りだくさんですが、患者さんやご家族を全人的に看るという看護にやりがいを感じています。



    看護師長から一言

    毎日、大なり小なりドラマがあり、その度に看護観を揺さぶられます。出会った「命」を救命できる知識と技術をもち、そして、患者さんと共に寄り添い共に闘病過程にある家族を支える、、、CCU看護師として使命感をもって、皆で日々「看護」を語り合いながらがんばっています。

    看護部署紹介

    最終更新日 2018年10月03日

    • 循環器病情報サービス
    • 研修・セミナー・イベント
    • インターンシップ・説明会・見学会
    • 職員募集専用サイト
    ページ上部へ