ホーム > 看護部署紹介 > 10階西病棟の看護のご紹介

10階西病棟の看護のご紹介

10階西病棟は脳梗塞・脳出血による急性期から亜急性期の緊急入院や精査、治療目的で来られた患者さんの看護を行っています。脳卒中の後遺症として高次機能障害や嚥下障害・麻痺の残存する患者さんに対し、医師、リハビリテーションセラピストと協力しながら、能力の再獲得に向けてともに歩む看護を実践しています。
また、急性期から回復期へ向かわれる患者さんが多くいる中で、患者さんとその家族・地域のコメディカルなどを交えて退院前カンファレンスを行い、問題の抽出や共有を行っています。さらに、連携病院とは脳卒中連携パスによる脳卒中ノートを活用しての情報共有を行うなど、当院から回復期病院または在宅へのスムーズな看護が展開される土壌作りに努めています。


【主な疾患】

  • 脳梗塞、脳出血、一過性脳虚血発作、頸動脈狭窄症、めまい、けいれん、失神発作など
  • 未破裂動脈瘤・脳腫瘍など脳疾患における精査入院、手術・γナイフ治療
【主な治療・検査】
  • 保存的内科治療、脳血管造影検査、冠動脈造影検査、経食道心エコー図検査、リハビリテーション
  • 心臓カテーテル検査、ペースメーカー・ICD埋め込み術前後患者、アブレーションなど

10階西病棟のここがお勧め!

脳卒中再発予防に力を入れています!!

教育的関わりの一環として、医師・薬剤師・看護師が日常生活の注意点について説明する『脳卒中知ってる会』という勉強会を患者様・ご家族様向けに行っています。10階東病棟と協働し、第2・4水曜日14時から開催しています。専門家に直接質問ができるため、退院前に不安が解消されると好評です。

新人看護師から一言

10階西病棟では運動麻痺のある患者さんや失語症の患者さんが入院しています。初めはどのように関わればいいか分かりませんでしたが、先輩方の患者さんと関わる様子を間近で見る機会を通し、学びの多い毎日です。これからも同期と支え合い、先輩方の看護を吸収しながらしっかりと看護が提供できるように頑張っていきたいと思います。

中堅看護師から一言

超急性期を脱した患者さんが回復期に向かう過程に自分が携わることができ、患者さんが良くなる姿を一番近くで見ることがやりがいへとつながっています。患者さん一人ひとりの目標を見出し、その目標が達成できるようにスタッフと協力しながら日々楽しく働いています!



看護師長から一言

患者さんが安心して過ごせるよう、医師や多職種と協力しながら安全な医療と看護の提供に努めています。健康回復を支援しながら入院前の日常生活に近づけるように、細やかな観察を心がけ、その人らしさを大切にした看護が実践できるよう、スタッフ一同がんばっています。

看護部署紹介

最終更新日 2018年10月01日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ