ホーム > 看護部署紹介 >6階西病棟の看護のご紹介

6階西病棟の看護のご紹介

6階西病棟は、大動脈瘤や大動脈解離などの大血管疾患、閉塞性動脈硬化症やバージャー病などの末梢血管疾患の患者さんが入院されています。術前精査から周手術期・回復期の看護に加え、内科的治療の看護も行っています。
日々の患者さんの治療・ケアについて、毎朝外科医師とともに合同カンファレンスを行い、チーム医療の推進に努め、術後早期からリハビリを行い、早期退院に向けて計画的に取り組んでいます。午後からは、看護師間でカンファレンスを行い、患者さんにより良い看護を提供できるように努めています。患者さんが安心して手術を受け、早期に回復ができるように観察・ケアを行い、退院後も安心して日常生活が送れるように退院指導にも力を入れています。

主な疾患・治療・検査
【疾患】
  • 腹部大動脈瘤
  • 胸部大動脈瘤
  • 胸腹部大動脈瘤
  • 大動脈解離
  • 急性動脈閉塞
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 深部静脈血栓症
  • バージャー病
  • 肺血栓塞栓症
【治療・検査】
  • 大動脈基部置換術
  • 上行・弓部大動脈置換術
  • 腹部大動脈置換術
  • 大動脈瘤ステントグラフト内挿術
  • 動脈血栓除去術
  • 末梢血管バイパス術
  • 肺動脈血栓内膜摘除術
  • 血行再建術
  • 心臓カテーテル検査

6階西病棟のここがお勧め!

2012年度より、看護の質の向上・新人教育の強化を目的としてパートナーシップ・ナーシングシステム(PNS)制度を取り入れています。PNSは看護師2人ペアで患者ラウンドを行います。PNSを行うことにより、効率的で安心・安全な看護の実践、リアルタイムな記録、看護の可視化・伝承・伝授などのメリットが生まれます。
また、病棟における代表的な疾患・褥瘡予防など定期的に勉強会を開きスタッフの知識・技術の向上に努めています。そのほか、看護師のスキルアップとして様々な場面を想定したデモンストレーションを行い急変時の対応ができるように備えています。

手術前後の患者さんとコミュニケーションをとり、術後合併症予防のために早期離床に向けた援助に努めています。患者さんが元気に退院されるとき、外来診察時に元気な顔を見せてくださるときに看護師としての喜びを感じています。

新人看護師からひとこと

患者さんは侵襲の大きな手術を受けて病棟へ戻って来られますが、術後から積極的に離床の援助・リハビリを行っています。日々回復されていく姿が目に見えて実感できるため、大きな喜びとやりがいを感じます。

中堅看護師からひとこと

多くの基礎疾患をもつ患者さんを受け持つことで、幅広い知識・技術を学び、そして生かすことができる病棟です。日々勉強し、自己研鑚に努めています。

看護部署紹介

最終更新日 2016年07月19日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ