ホーム > 看護部署紹介 >3階 手術室の看護のご紹介

3階 手術室の看護のご紹介

最先端の、その先へ。  国内の循環器病外科手術の最先端を担っている手術室です。低侵襲心臓手術(MICS・TAVI/・OFFポンプバイパス等)やハイブリッド手術(TEVAR/EVAR)や脳動脈瘤ハイブリッド手術も積極的に行っています。先進医療を行いながら救急患者を受け入れ、24時間、手術に対応できる体制を整えています。対象患者は胎児から100歳代の高齢者まで、重症かつ緊急性の高い手術適応患者を迅速に受け入れ、安全で安心していただける医療を提供しています。心臓移植実施施設(小児心臓移植含む)・臓器提供施設としての大きな役割もあり、ドナー情報があった際に、日本全国へ臓器摘出チームの派遣ができるよう準備を整えています。難易度の高い手術を行っているために、専門性を高め、手術室看護の総合力の向上を図るため 教育訓練を実施しています。スタッフ全員が進歩する医療技術に精通する楽しさや、医療技術の未来への可能性に参加する喜びを得ています。

主な手術
後天性心疾患(成人チーム)
  • 冠動脈バイパス術・弁置換術・心臓移植術
  • 補助人工心臓装着術・ロボット手術など
先天性心疾患(小児チーム)
  • 心房・心室中核欠損閉鎖術小児複雑心奇形修復術など
大動脈疾患・血管疾患(血管チーム)
  • 大動脈人工血管置換術・ステントグラフト内挿術
  • 肺動脈血栓内膜摘除術など
脳神経外科
  • 脳動脈瘤クリッピング術・頚動脈内膜剥離術
  • 脳動脈バイパス術など
周産期科
  • 循環器疾患合併妊娠帝王切開術
  • 胎児手術・内視鏡下手術など
心臓血管内科・不整脈科
  • ペースメーカー、埋込型除細動器、両心室
  • ペースメーカー機能付埋込型除細動器移植術
  • 非開心レーザー使用リード抜去術など
【平成26年度手術実績】
  • 手術件数 年間2823件 月間平均235,25件
  • 移植件数 70件実施

3階 手術室のここがお勧め!

私たちは、循環器手術の先進医療を担っています。

【器械出し看護】スクラブナースとして、先進医療に対応できる知識、技能の向上を図り手術を医師と協働し的確なサポートを行っています。また、術前カンファレンスで情報を共有し、疾患、術式を理解し短時間で手術が終了できるように手術介助をしています。このことで、患者さんの侵襲を少なくし、術後の回復が早まる事ができます。先進医療手術に対応するため海外研修等にも参加し、スクラブナースの技術の向上を図るため研鑽を図っています。心移植の際には移植チームのメンバーとして全国各地へ出動します。

【外回り看護】スタッフ全員が手術室看護の専門基礎スキルを身につけ、手術室看護の総合力の向上を図るため、医師や専門のスペシャリストによる勉強会を実施しています。術前訪問を実施し、手術や麻酔に対する不安が軽減できるよう患者に寄り添い援助しています。患者の代弁者となり安心できる看護を提供しています。

新人看護師からひとこと

段階的に新しい技術、知識の習得が実感でき、自分の目標が明確にもてます。

中堅看護師からひとこと

新しい治療への取り組みと、手術を受ける患者の立場に立った看護の実践に心がけています。

看護部署紹介

最終更新日 2015年08月07日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ