ホーム > 看護部署紹介 >8階東病棟の看護のご紹介

8階東病棟の看護のご紹介

8東病棟は、心筋症・弁膜症・不整脈などを原疾患とする心不全の患者さんや、心臓移植待機中、心臓移植後の患者さんが多く入院されている病棟で、私たち看護師は慢性心不全ガイドラインに基づき、病期に応じた治療や指導教育を行っています。心不全は増悪と寛解を繰り返しながら終末期に至るという特異的な経過をたどるため、患者さんや家族に対し病気への思いを受け止め、患者さんに主眼を置いた療養生活が送れるような看護を実践しています。また少しでも住み慣れたご自宅で過ごすことができるよう、医師・薬剤師・栄養士・看護師・リハビリ・退院支援看護師など多くの他職種と協同してカンファレンスを行い、早期からの退院支援を行っています。
また心臓移植待機中の方の中には、補助人工心臓装着中の患者さんや強心剤を投与して待機する患者さんがいらっしゃいます。心臓移植医療部の医師だけでなく臨床工学技士、移植コーディネーター看護師と協力し、機器の管理や待機中の生活管理などの看護を行っています。




【主な疾患】

  • 心筋症、弁膜症、不整脈、心筋梗塞、狭心症、心サルコイドーシス
【主な検査】
  • 心臓カテーテル検査、心エコー、レントゲン、RI検査、経食道エコー
【主な治療】
  • 内服薬、強心薬、血管拡張薬、経皮的冠動脈形成術、ペースメーカーの植え込み、植え込み型除細動器(ICD)の埋め込み、両室心拍再同期療法(CRT)、補助人工心臓の植え込み

8階東病棟のここがお勧め!

8東は、重症心不全の患者さんを中心とした入院が多いため、急性期から慢性期への推移だけでなく、完治にむけて移植医療のたどる経過や、末期心不全の治療として緩和ケアの関わり方など広く深く学ぶことができます。心不全は増悪と寛解を繰り返しながら、徐々に終末期へと至ります。すこしでも長く、元気に自宅で過ごしてもらえるように、患者さんやご家族がどのような生活を希望し、どのような治療を望まれるのか、他職種と協同しながら一番良いと考えられる方法を、何度もカンファレンスを行い考えています。

新人看護師から一言

様々なステージの心不全患者さんや移植前後の患者さんへの看護を通して、循環器看護の難しさを痛感していますが、循環器看護の楽しさややりがいを感じています。充実した研修や先輩方の指導の元、知識や技術を日々学び、チームスタッフの一員としてこれからも励んでいきます。

中堅看護師から一言

8階東病棟は、心不全の病気が様々な段階の患者さんの看護を細かく学ぶことができます。患者さんの個別性に合わせた看護、退院指導を行っています。また、補助人工心臓や移植後の看護もしており、重症心不全から移植までの看護も学ぶことができます。



病棟師長から一言

8東病棟は、重症な心不全患者さんが多くおられます。看護師は、早期からチームカンファレンス、他職種カンファレンスにて情報共有を行い、質の高い看護が提供できるよう関わっています。また病棟スタッフ全員が急変対応や重症心不全患者さんの看護ケア、心不全指導、退院支援ができる看護師の育成を目指しています。患者さんの情報共有が大事な病棟ですので、患者さんと看護師やスタッフ間でしっかりとコミュニケーションをとるアットホームな病棟です。

看護部署紹介

最終更新日 2018年10月01日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ