ホーム > 看護部署紹介 >5階東病棟の看護のご紹介

5階東病棟の看護のご紹介

5階東病棟はチームナーシング&一部機能別で看護を実践しています。副看護師長を中心に3つのチームに分かれ、継続的な視点で看護を提供しています。
対象患者さんは生後6カ月から成人までと幅広い年齢層の先天性心疾患の患者さんで、乳幼児期、学童期、成人期とそれぞれに応じた援助をしています。主な入院目的は、心不全の治療や内服コントロール、カテーテル検査・カテーテル治療、手術等です。術前・術後の看護、検査に対する看護、不整脈などに対する看護、重症心不全看護、心臓移植後の看護など、内科と外科、急性期から慢性期までの幅広い看護の知識と技術が必要となるため、医師との勉強会やカンファレンスを行い安全、安楽な看護の提供に努めています。
また5階東病棟では、長期入院中の患児であっても季節を感じてもらい、気分転換も出来るように季節毎に看護師、保育士と協力してレクリエーションを実施しています。子どもの日やクリスマスにはスペシャルゲストも子ども達にエールを送りに来てくれます。


5階東病棟集合写真


【主な疾患】

  • 先天性心疾患
    心室中隔欠損、心房中隔欠損、ファロー四徴症、完全大血管転位症、三尖弁狭窄症、単心室、心内膜欠損、僧帽弁狭窄・閉鎖不全、大動脈弁狭窄症、肺動脈弁狭窄、エブスタイン奇形、など
  • 小児特有の循環器疾患
    川崎病 原発性肺高血圧症
  • 不整脈
    徐脈性不整脈、頻脈性不整脈
  • 重症心不全
    拡張型心筋症、肥大型心筋症、心臓移植
【主な治療・検査】
  • カテーテル治療
    経皮的心房中隔拡大術、経皮的血管腔形成術、経皮的肺動脈弁切開術、アンプラッツアー、コイルエンボリ、アブレーション、など
  • 手術治療
    心房中隔欠損閉鎖術、心室中隔欠損閉鎖術、フォンタン手術、グレン手術、右室流出路形成術、心内修復術、ペースメーカー植え込み術など

5階東病棟のここがお勧め!

1) 小児循環器疾患に対する最先端の治療とその看護を経験する事ができる!

  • カテーテル治療
    (心房中隔欠損症カテーテル治療:ASO、動脈管開存症カテーテル治療:ADO、小児のアブレーション治療:ABLなど)
  • 窒素投与(NO)やフローラン、トレプロストによる肺高血圧治療
  • 小児心臓移植:移植前後の看護を行い、継続的に患者さんをサポートする事ができる
2) 6か月の乳児から幼児・学童・思春期・青年期・成人期まで幅広い年齢層の看護ができる!

3) 繰り返し入院が多い病棟なので、その度に子ども達の成長を感じられます!

4) 病棟保育士との連携により、小児の成長発達や遊びに関して専門的なケアが学べる!


新人看護師から一言

5階東病棟の新人看護師です。毎日覚えることがたくさんあるので、1日1日、日々新しい事を教えて頂いています。先輩の言葉の中には、働いていく上でのヒントがたくさん隠れているので、とても勉強になります!また、子ども達の笑顔に癒されて、日々、頑張っています!

中堅看護師から一言

患児にとってより良い看護を提供できるように医師、薬剤師、保育士、その他コメディカルと共に情報を共有しチーム医療を実践しています。また家族へのケアも大切な看護の一つです。日々学ぶ事が多く、やりがいと責任感を持って仕事をしています。辛い時でも子ども達の笑顔が何よりの原動力です。



看護師長から一言

5東病棟は循環器疾患の小児病棟です。小児看護の楽しさや、やりがいを感じることができるようスタッフ一同切磋琢磨しています。 また、子ども達の回復と成長を楽しみにしながら日々看護しています。

看護部署紹介

最終更新日 2018年10月02日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ