ホーム > 看護部署紹介 >5階東病棟の看護のご紹介

5階東病棟の看護のご紹介

5階東病棟集合写真

5階東病棟では、生後6ヶ月から成人までと幅広い年齢層の先天性心疾患の患者様を対象としています。
主な入院目的は、心不全加療や内服コントロール、カテーテル検査・治療、手術などです。入院期間は、検査のみだと短期間ですが、手術になると何ヵ月も入院する場合もあります。
面会時間が限られているため、寂しい思いをしながら、治療を頑張っている子どもたちがたくさんいます。なかなか眠れない子どもたちの寝かしつけや、食事介助、おむつ交換など、看護師が日常生活援助を行いながら、そのような寂しさを軽減できるように関わっています。それぞれの身体的、社会的、精神的な成長発達を踏まえながら関われるよう、家族や医師、保育士と相談しながら看護を実践しています。

主な疾患・検査・説明
①疾患
  • 心房中隔欠損症
  • ファロー四徴症
  • 両大血管右室起始
  • 大血管転位
  • 僧帽弁狭窄
  • 先天性肺高血圧症
  • 心室中隔欠損症
  • 単心室
  • 川崎病
  • 左心低形成
  • 拡張型心筋症
  • 不整脈 など
②治療・検査

【手術】

  • ASD
  • closure術
  • グレン術
  • VSD closure術
  • 弁形成術
  • DSO
  • フォンタン術 など

【カテーテル】

  • ASO
  • ADO
  • アブレーション
  • コイルエンボリ
  • PTA
  • 心筋生検 など

5階東病棟のここがお勧め!

子どもたちの笑顔が私たちの原動力です!

毎日にぎやかな声が聞こえてくる、笑顔がいっぱいの明るい病棟です。入院中、子どもたちは毎日様々な検査や治療を頑張っています。私たちは、そんな子どもたちの苦痛やストレスを少しでも和らげ、笑顔をたくさん見られるような看護を目指しています。

入院中はもちろん、退院後も元気に生活できるように、必要時には心不全症状の見方や、2重負荷への注意、内服のタイミングや、受診の方法についてなどの退院指導を行っています。また、患者家族対象のBLS指導にも力を入れており、定期的に勉強会を開催しています。

2013年より、病棟に保育士が配属されています。子どもたちはみんな保育士さんのことが大好きです。2か月に1回、保育士と看護師、栄養士で連携してレクレーションを実施しています。レクレーション以外では、クリスマスにフィンランドからサンタさんが来てくれるなど、季節毎に様々な催しを企画しています。子どもたちや家族もみんな毎回とても楽しみにしてくれています。


新人看護師からひとこと

入職前は不安でいっぱいでしたが、新人研修や勉強会、先輩看護師のサポートもあり徐々にできることが増えてきています。まだまだ経験不足な点が多いですが、患者さんが安心して過ごせるよう日々頑張っていきたいと思います。

中堅看護師からひとこと

"患者さんや家族がどんな援助を必要としているのか"ということを素早くキャッチできるように、日々考えながら働いています。幅広い看護を実践することは難しいことですが、子どもたちの笑顔を見ると自然と頑張れます。

看護部署紹介

最終更新日 2016年08月18日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ