ホーム > 看護部署紹介 > 4階 乳幼児病棟の看護のご紹介

4階 乳幼児病棟の看護のご紹介

乳幼児病棟には、心臓病の新生児・乳幼児が入院しています。病床数は25床。NICU(新生児集中治療室)6床、PICU(小児集中治療室)6床を併設しています。乳幼児病棟の入院対象は主に1才未満の患児で先天性心疾患、不整脈治療、手術前後の管理、重症心不全の治療を行っています。Excor装着患児の入院は、大阪府だけでなく全国の病院から出生直後に心疾患の診断をされ搬送される場合や当院の周産期病棟で胎児診断された児が主な入院となっています。 
重症な疾患の患児が多いなか、家族と児の関わりの時間を大切にし、保清など積極的に家族と一緒に行っています。
先天性心疾患は手術を繰り返すことも多く、適切な治療と療養環境を提供することが重要です。

主な疾患・治療・看護
【疾患】
  • 心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、左心低形成症候群、ファロー四徴症、大血管転移症、重症不整脈、心筋症、心筋炎
【治療・検査】
  • 心臓カテーテル検査、超音波CT、RI手術
  • 心臓カテーテル治療:BAS(経皮的心房中隔欠損拡大術)
  • PTA/ PTPV(経皮的肺動脈弁切開術/経皮的大動脈弁切開術)
  • PTA(経皮的血管腔形成術)Enbolization(コイル塞栓術)Excor(小児人工心臓)


4階 乳幼児病棟のここがお勧め!

乳幼児病棟では小児循環器病に従事する優秀な人材を育成し、先天性心疾患患児に良質な医療と看護を提供します!乳幼児病棟独自の卒後5年間の教育プログラム、CVEN看護師による勉強会の実施や、専門性の高い医師による先天性心疾患の講義が実施されています。また、複雑な心奇形も多く担当医師によるベッドサイドレクチャーが実施されることもしばしばあります。PICUでは、重症な先天性心疾患の患児の術前・術後の管理を行っています。先天性心疾患の患児は状態が変化しやすく、看護師による細やかな気づきと迅速な対応が必要です。昨年度からExcor装着患児も入院し心臓移植に向けた専門的な看護も実践しています。NICUは主に新生児期の先天性心疾患児や極・低出生体重児の治療・看護を行っています。低出生体重児のディベロップメンタルケアにも取り組んでおり、保育器管理も学べます。退院が近くなると在宅療養に向けて、退院前にデイ・ナイトトレーニングの実施や地域の保健師との連携を積極的に行い、子ども達と家族が安心して過ごせるように取り組んでいます。

新人看護師からひとこと

赤ちゃんは可愛く、看護をしながら日々癒されています。最近は、出来ることも徐々に増え、「命を預かる」という責任が、学生の時とは違いより感じるようになり、やりがいを感じています。同期で切磋琢磨し、1日でも早く1人前の看護師になれるよう頑張っていきます。

先輩看護師からひとこと

当病棟は、先天性心疾患の術前・術後、退院までの患児や家族と関わることが出来ます。そこで求められる実践能力は多々ありますが、病棟の教育体制が充実しておりしっかりとしたサポートが受けられます。一緒に小児循環器看護を極めましょう。

看護部署紹介

最終更新日 2016年07月19日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ