ホーム > 診療科・部門のご案内 > 中央支援部門 > 心血管リハビリテーション科

心血管リハビリテーション科

診療実績はこちら

心血管リハビリテーション科の概略

心臓リハビリテーションとは、心臓病の患者様が体力や自信の回復、快適な家庭生活や社会生活への復帰、そして再発防止をめざして、医療スタッフの指導のもとに運動療法・生活習慣改善などの活動をおこなうことです(図1)。急性心筋梗塞・狭心症・心不全や心臓手術後の患者様は、心臓の働きの低下や安静生活の結果、体力やからだの調節の働きが低下しています。そのため退院してからすぐには強い活動はできませんし、またどの程度活動しても大丈夫なのか、どのような点に注意して生活すればよいのかが分からないために不安もあります。また心筋梗塞や狭心症の再発防止のためには、原因となる動脈硬化の進行を防止することが大切で、そのためにも運動習慣を身に付けることが大切です。

心血管リハビリテーション科では、心臓病の患者様の①体力と自信の回復、②快適で質の高い家庭生活や社会生活への復帰、③将来の再発や再入院の防止、を目標として、医師・看護師・理学療法士などの医療チームが、運動療法・患者教育・退院後の生活指導・カウンセリングなどをおこなっています。とくに運動療法については、ひとりひとりの患者様に最も適した運動の方法や強さを具体的に指導します。ご高齢の患者様や重症心不全の患者様でも、安全で効果的に運動療法をおこなっていただけるようくふうしています。

現在わが国では、心臓リハビリテーションは開始日から150日まで健康保険が認められています。よい効果を得るために、入院中だけでなく退院後も外来通院心臓リハビリテーションを継続していただくことをお勧めします。当センター心血管リハビリテーション科の心臓リハビリテーション実施件数は2015年で年間10,000件を超えています。


【図1】心臓リハビリテーションの説明図

心臓リハビリテーションの説明図

施設認定

  • 日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション研修施設

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ