ホーム > 診療科・部門のご案内 > 脳血管部門 > 脳血管内科・脳神経内科 > 4.5時間を過ぎても、専門的な脳梗塞救急治療が重要です

脳血管内科・脳神経内科

4.5時間を過ぎても、専門的な脳梗塞救急治療が重要です

脳梗塞超急性期の治療法が、この1~2年で新たな展開を呈しています。

脳梗塞急性期の治療法として組織型プラスミノゲン・アクティベータ(tissue-type plasminogen activator, t-PA:一般名アルテプラーゼ)の静注による血栓溶解療法が2005年に認められてから、早くも9年近くを経過いたしました。この間、全国で6万例を超える患者さんがこの治療を受け、いまやわが国でも標準治療として定着した感があります。

2012年9月からt-PA静注療法の対象患者が発症後3時間から4.5時間に延長されました。この治療に間に合うよう、脳卒中を疑った場合にすぐに専門病院を救急車で緊急受診することが増え、このことがt-PA治療の成功に大きく寄与しています。

しかしながら、「4.5時間以内」が強調されるあまり、「4.5時間を過ぎた場合は、専門病院で治療してもあまり意味がない」と誤解され、専門病院への受診を躊躇されることが少なくないようです。

2010年10月から脳梗塞発症後原則8時間以内の患者さんに対して、Merciリトリーバルシステム (Merci) という名の新しいデバイスによる血管内治療が認められ、2011年秋からは、Penumbraシステム (Penumbra)が、2014年からはステント型血栓回収機器が導入されました。Penumbraは、吸引用のカテーテルを閉塞した血栓の近くまで進め、血栓を吸引して、脳梗塞を治療します。ステント型血栓回収機器は図のように、デバイスを閉塞血栓部位に留置することで血栓がステント内に捕捉され、その機器を回収することで血栓を除去し、治療効果を発揮します。ステント型血栓回収機器はMerciを凌駕する性能を有しており、今や欧米における血栓回収デバイスの主流となっています。当院ではこのような新たな治療機器を駆使し、発症4.5時間以降の脳梗塞の患者さんでも治療を行うように努めています。

起床した時に脳梗塞を発症している場合や、倒れているところを発見される場合など(発症時刻が断定できない)脳梗塞患者さんでは、頭部MRI検査で「発症から時間があまり経過していない可能性が高い所見」を示す場合にはアルテプラーゼの効果が期待できると報告さえていますので、当センターを中心に日本全国の多くの施設と協力してTHAWSという臨床研究を行っています。

また脳卒中専門の病棟であるSCU(脳卒中ケアユニット)で従来薬を用いた治療や急性期リハビリテーションを積極的に行うことで、発症4.5時間を過ぎて来院された脳梗塞患者さんでも、良い治療効果が表れることが少なくありません。

このように、脳梗塞発症4.5時間を過ぎても、専門施設でしっかりとした初期治療を始めることが重要と考えます。当科では、「断らない救急医療」を実践すべく、日々努めています。


Penumbraシステム、ステント型血栓回収機器を用いた血管内治療

Penumbraシステム、ステント型血栓回収機器を用いた血管内治療


最終更新日 2014年04月22日

ページ上部へ