ホーム > 診療科・部門のご案内 > 小児循環器・周産期部門 > 周産期・婦人科部 > 対象疾患・治療法

周産期・婦人科部

対象疾患

母体合併症妊娠

心疾患合併妊娠の年間症例数は、約100例。

  • 成人先天性心疾患(ファロー四徴症、完全大血管転位、エブスタイン術後など)合併妊娠
  • 不整脈(QT延長症候群、完全房室ブロックなど)合併妊娠
  • 弁置換術後(生体弁、器械弁)合併妊娠
  • 心筋症(肥大型心筋症、拡張型心筋症、周産期心筋症など)合併妊娠
  • 肺高血圧症合併妊娠
  • マルファン症候群合併妊娠
  • Fontan術後妊娠など

脳血管障害合併妊娠

  • もやもや病合併妊娠
  • 海綿状血管腫合併妊娠
  • 脳動静脈奇形合併妊娠

静脈血栓塞栓症、肺血栓塞栓症合併妊娠

産科一般合併症・産科救急全般、妊娠高血圧症候群、胎児心拍数異常、産科出血など

胎児疾患

  • 胎児心疾患(心構造異常、不整脈)・胎児水腫、染色体疾患など
    胎児心疾患は胎児心臓病ドックを行っています。

風疹相談2次施設

NIPT コンソーシアム 協力施設

婦人科一般

  • 婦人科手術(良性疾患)、ホルモン療法、子宮癌検診など

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ