ホーム > 診療科・部門のご案内 > 生活習慣病部門 > 動脈硬化・糖尿病内科 > スタッフ紹介

動脈硬化・糖尿病内科


部門長

氏名 細田 公則
よみ ほそだ きみのり
所属・職位 生活習慣病部門長
動脈硬化・糖尿病内科部長(併任)
ゲノム医療部門長(併任)
内分泌代謝ゲノム医療部長(併任)
専門領域 糖尿病
肥満症
内分泌代謝内科
生活習慣病
高血圧
さらに読む
専門医資格等 専門医資格
糖尿病専門医
内分泌代謝専門医
肥満症専門医
内科認定医
趣味 ダイエット・エアロバイク(体重を考えて毎日朝夜体重計に乗ります)、映画・動画、読書(歴史・心理・小説・いろいろ)
患者さんへ一言 京大教授として全国の多くの高度肥満や糖尿病の患者さんを診ていました。国循では循環器疾患予防を目指した生活習慣病克服が特徴です。必要な場合、ライフスタイルの改善目的で心理士さんの面談があるのも特徴です。

▲ページ先頭へ戻る

医長

氏名 槇野 久士
よみ まきの ひさし
所属・職位 医長
専門領域 糖尿病
腎臓病
さらに読む
専門医資格等 日本内科学会指導医・専門医
日本糖尿病学会指導医・専門医
日本腎臓学会指導医
趣味 読書、子供と遊ぶ
患者さんへ一言 患者さんが気楽に治療できるように考えています。

▲ページ先頭へ戻る

医師

氏名 大畑 洋子
よみ おおはた ようこ
所属・職位 医師
専門領域 1型糖尿病・インスリン持続皮下注射療法
妊娠糖尿病
2型糖尿病全般
さらに読む
専門医資格等 日本糖尿病学会専門医
日本内科学会認定内科医
趣味 絵画鑑賞
患者さんへ一言 糖尿病や動脈硬化と上手につきあいながら、人生をよりよく生きるためのサポートをしたいと思います。一緒に頑張りましょう。
氏名 玉那覇 民子
よみ たまなは たみこ
所属・職位 医師
専門領域 糖尿病
内分泌
さらに読む
専門医資格等 日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
日本内分泌学会専門医
趣味 腹八分目(目標)
氏名 橡谷 真由
よみ とちや まゆ
所属・職位 医師
専門領域 糖尿病
さらに読む
専門医資格等 内科認定医
肥満専門医
糖尿病専門医
趣味 旅行、ゴルフ
患者さんへ一言 病気のことで分からないことや不安なことは何でも聞いてください。
氏名 肥塚 諒
よみ こえづか りょう
所属・職位 医師

▲ページ先頭へ戻る

併任

氏名 宮本 恵宏
よみ みやもと よしひろ
所属・職位 予防検診部・部長
副バイオバンク長
循環器病統合情報センター長
予防医学・疫学情報部長
ゲノム医療支援部長(併任)
専門領域 健康診査
糖尿病・脂質異常症・高血圧の非薬物療法
内科学
内分泌代謝学
循環器病学
さらに読む
専門医資格等 日本内科学会指導医
卒業大学 京都大学
主な経歴 静岡県立総合病院内科
京都大学医学部第二内科大学院
国立循環器病センター動脈硬化代謝内科
趣味 ロードバイク
患者さんへ一言 自分に合った良い生活習慣を見つけていただきます。
氏名 斯波 真理子
よみ しば まりこ
所属・職位 研究所病態代謝部・部長
専門領域 脂質異常症
分子生物学
さらに読む
専門医資格等 日本アフェレーシス学会専門医
趣味 百人一首
患者さんへ一言 脂質異常症など代謝を専門としています。日々の生活習慣に気をつけましょう。
氏名 孫 徹
よみ そん ちょる
所属・職位 オミックス解析推進室室長
動脈硬化・糖尿病内科医長(併任)
遺伝子検査室長(併任)
専門領域 糖尿病
食欲の脳科学
肥満症
内分泌代謝学
さらに読む
専門医資格等 日本糖尿病学会専門医
日本内科学会認定医
患者さんへ一言 治療に皆さんの生活を合わせるのではなく、皆さんの生活に合わせた治療を探し出したいと思います。
氏名 小倉 正恒
よみ おぐら まさつね
所属・職位 研究所病態代謝部・脂質代謝研究室長
専門領域 脂質代謝・動脈硬化予防
さらに読む
専門医資格等 総合内科専門医
循環器病専門医
老年病専門医
動脈硬化専門医・指導医
日本臨床化学会リポタンパク検査専門委員
趣味 読書、家庭菜園
患者さんへ一言 予防は治療に勝ります。心臓病にならないように体の「あぶら」をコントロールしましょう。
氏名 冨田 努
よみ とみた つとむ
所属・職位 バイオリソース管理室長
専門領域 糖尿病
肥満症
内分泌
分子生物学
さらに読む
専門医資格等 日本内科学会 総合内科専門医 認定内科医
日本糖尿病学会 研修指導医 糖尿病専門医
日本肥満学会 肥満症指導医 肥満症専門医
日本内分泌学会 内分泌代謝科(内科)専門医
京都大学糖尿病・内分泌・栄養内科非常勤講師
趣味 音楽鑑賞、コンピューター、読書
患者さんへ一言 当センターのバイオバンクにて室長をしております。 人と話すのが好きで生活習慣病を専門に選びました。 日々の診療から研究成果を導いてまた患者さんに貢献できるように目指しています。 バイオバンク事業へのご協力もよろしくお願いします。

▲ページ先頭へ戻る

ページ上部へ