ホーム > 診療科・部門のご案内 > 脳血管部門 > 脳血管内科・脳神経内科 > 一過性脳虚血発作は、早期に完成型脳梗塞を発症する可能性が高い

脳血管内科・脳神経内科

一過性脳虚血発作は、早期に完成型脳梗塞を発症する可能性が高い

一過性脳虚血発作(TIA)は、一過性の脳虚血に伴い、短時間のみ神経症状が生じ、通常24時間以内に症状が消失する病態です。脳梗塞に比べ、軽視されがちですが、TIAは早期に完成型脳梗塞を発症するリスクが高く、専門医療機関での迅速かつ適切な診断・治療が必要な疾患です。海外では24時間体制でTIAを受け入れる新しい救急診療体制を構築し、TIAを発症早期に診断・治療を行うことにより、その後の脳梗塞発症リスクが劇的に改善することが相次いで報告されています。

当院では、早期に完成型脳梗塞を発症するリスクが高いTIAに関して、24時間体制で対応いたします。

TIAと診断される患者、TIAが疑われる患者、TIAかどうか相談したい患者など、ご連絡、ご相談いただければ、必要な検査を行い、TIAの診断がつけば、適切な治療を開始します.

TIAの神経症状

最終更新日 2012年06月04日

ページ上部へ