ホーム > 診療科・部門のご案内 > 小児循環器・周産期部門 > 小児心臓外科 > 研修希望の皆様へ

小児心臓外科

リクルート

小児心臓外科医を目指すにはまず成人心臓外科医としてのある程度の修練が必要です。初期臨床研修終了後、当センターのレジデントシステムに入れば、まんべんなく心臓外科医としてのスタートを切ることができます。最近は3年目から小児心臓外科に特化するケースもあり、そのまま専門修練医に応募されると合計5年間の研修が可能です。また他の施設で1-2年基本的手技を学ばれてから小児心臓外科の専門修練医として応募されることも可能です。随時見学を受け付けております。1日から見学は可能ですし、海外からの見学者のように長期見学も可能です。専門修練医では2年間でVSD, Fallot, Fontanなどの術者ができる事を目指します。

最終更新日 2017年07月13日

ページ上部へ