ホーム > 診療科・部門のご案内 > 中央診療部門 > 病理部 > 病理組織検査コンサルト

病理部

病理組織検査コンサルトについて

国立循環器病研究センター病理部では病理組織検査コンサルテーション・セカンドオピニオンを行っています。

1. 対象となる疾患

心臓、血管、肺循環、脳血管領域に関わる疾患

2. 対象となる材料

心筋等の生検検体、手術切除検体、病理解剖標本など
血管に挿入された金属ステント(冠動脈・下肢)

3. お申込みと受付

電話にて依頼される検査について担当医とご相談ください。

  • 担当:国立循環器病研究センター病理部 植田初江 池田善彦
    電話:06-6833-5012(代表)

病理組織検査コンサルトをご依頼いただく場合は、以下の方法によりお願いします。

継続してご依頼頂く場合
契約期間を定めて病理標本組織検査の委託契約を締結して頂くようお願いします。
(委託契約を希望される場合、下記契約担当までお電話頂ければ契約の概要や手続きについて説明させて頂きます。)

単発でご依頼頂く場合
HPの診断申込書により申し込み下さい。具体的な手順については、下記をご参照下さい。

  • 診断申込書【xlsx:16KB】をダウンロードし必要事項を記入してください。
  • 臨床診断、臨床経過は詳しく記載し、できれば図示してください。画像・肉眼・手術所見を別紙で貼付してください。
    検体について当方から問い合わせる場合がありますので連絡先、担当医名は正確に記入してください。
  • 診断申込書と検体は下記の宛先に月曜から木曜の9時から16時の間に到着するよう指定の上、郵便または宅配便でご送付ください。
  • ホルマリン固定組織、電顕用固定組織、パラフィンブロック、染色標本、未染標本を受付けます。(生理食塩水、凍結標本は原則として受け付けません。)
  • ガラス標本は破損しないよう、液体は漏れないよう、十分注意してラッピングください。また、ガラススライドは標本同士の粘着が起こらないようご注意ください。
  • 検体には必ず、氏名(又は番号)および固定液の種類(例:光顕用,電顕用)をご記入ください。
  • 送付先
    〒565-8565 大阪府吹田市藤白台5丁目7番1号
    国立研究開発法人 国立循環器病研究センター 病理部 宛
    電話:06-6833-5012

4. 問い合わせ

電話にてお問い合わせください。

国立循環器病研究センター:06-6833-5012(代表)

  • 診断に関しては、病理部 植田初江
  • 請求・支払いに関しては、医事室 森﨑宗一郎

5. 診断費用(税別)

検査料金は2018年4月現在の診療報酬点数表に定める所定点数を参考に国立循環器病研究センターが決定しています。

病理組織標本作製(1臓器につき) 8,600円
病理組織標本作製(2臓器につき) 17,200円
病理組織標本作製(3臓器につき) 25,800円
病理診断料(組織診断料) 7,700円
免疫染色(免疫抗体法)病理組織標本作製
8. その他(1臓器につき)
4,000円
免疫染色(免疫抗体法)病理組織標本作製加算
8. その他について、4種類以上抗体を使用の場合
(臓器数にかかわらず)
16,000円
電子顕微鏡病理組織標本作製(1臓器につき) 25,000円

金属ステント(冠動脈・その他)樹脂包埋作成および診断費用
樹脂包埋はパラフィンに比べ材料費が高価であり、2018年1月より下記の料金を新規に設定致しましたのでご理解お願い致します。尚、標本完成まで2か月を要します。

アクリル樹脂・カーボンナイフ利用:ブロック作成1~10個まで 23,000円
               ブロック作成11~20個まで 45,000円
病理診断料 8,000円
その他実費(郵送料含む) 1,000円

請求書は診断報告月の翌月に送付します。

6. お願い事項

病理検査結果について学会等で公表される場合は、国立循環器病研究センター 病理部にご一報ください。

最終更新日 2018年04月03日

ページ上部へ