ホーム > 診療科・部門のご案内 > 中央診療部門 > 臨床検査部 > 輸血管理室 > 診断、治療に関するコンサルト

診断、治療に関するコンサルト

前田琢磨 : takuma@ncvc.go.jp
宮田茂樹 : smiyata@hsp.ncvc.go.jp
 (CCにて、同時に送信されます。)
(↑ここをクリックして、メーラーを開いてください。
下記の内容含めてコンサルトしてください。)

内容

①ヘパリン投与理由
②血小板数の推移とヘパリン投与との関係(ヘパリン投与後○日目に血小板減少)
③血栓症の有無

例;65才男性で透析導入のためヘパリンを使用。透析開始前、血小板数20万/μlでしたが、現在(ヘパリン投与開始0日として12日目)血小板数5万/μlに減少しています。
血栓症はありません。HIT抗体の測定をよろしくお願いします。

検体の送り方 (←ここをクリックしてご確認ください。)

最終更新日 2014年07月01日

ページ上部へ