ホーム > 診療科・部門のご案内 > 中央支援部門 > 臨床栄養部

臨床栄養部

臨床栄養部の概略

栄養状態が悪化すると、疾病の治療に不可欠な抵抗力や体力の低下を招くこととなります。

  • 栄養の改善を主目的に業務を行っています。
  • 治療食として、疾病状態に見合った栄養配分を考えた内容の食事を提供しています。
  • 経口摂取が難しい方には食べやすいよう形態を調整したり、そしゃく嚥下が困難な方には経管による栄養調整食品を提供します。
  • 提供する食事を、十分な衛生管理のもと安心して摂取して戴けるよう日々努めています。

入院患者さんの栄養状態については、"栄養サポートチーム(NST)"を設置し、担当医師・看護師との連携により、主観的・包括的・客観的な評価をもとに診ています。

臨床栄養部の主な特色

  1. 高血圧の治療・予防食として、塩分管理をもとに美味しく食べて戴ける食事となっています。
  2. 新生児から高齢者までの多岐にわたる高度専門的な疾患に対応できる治療食を提供しています。
  3. 生活習慣病として、糖尿病・脂質異常症にも対応した食事提供をしています。
  4. 専門職としての教育・研修の場を設け、知識・技術の修得に向けた指導を行っています。
  5. 栄養サポートチーム(NST)を中心に多職種協同による連携のもと、患者さんの栄養状態の管理を行っています。
  6. 循環器病の予防・治療のため、食に関する研修指導や、これまでのレシピ、ノウハウを活用した事業化にも取り組んでいます。

スタッフ

(職 種)
医師 1名、管理栄養士 5名、調理師 9名、非常勤栄養士 3名、非常勤調理師 2名
他:委託従事者(栄養士・調理師・盛付け補助・食器洗浄等)

最終更新日 2017年07月04日

ページ上部へ