ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 臨床すすむ!プロジェクト > 「病気の基準」が決まるまで

臨床すすむ!プロジェクト

  1. 「病気の基準」が
    決まるまで
    »
  2. 「病気の基準」は
    変わるんです
    »
  3. 血圧調査の歴史»
  4. 長期調査で未来の基準が
    決まります

「病気の基準」が決まるまで

「病気の基準」は変わるんです

医療には古くから、病気かどうかを判断する基準がありました。そして、多くの人々を長期に渡り調べることで、その基準はどんどん精密になっていきました。昔は病気とされなかったものが現代では病気として扱われる、そんなケースがたくさんあるのです。病気の基準は時間を経て変わっていくことを、高血圧症を例にとってご紹介します。

血圧調査の歴史

血圧調査の歴史は1900年初頭のアメリカで始まりました。そして1948年からは、アメリカ政府主導による本格的な調査が開始され、いろいろなことが分かってきました。

長期調査で未来の基準が決まります

現代の高血圧症の基準は、およそ100年の調査の歴史の上に成り立っています。言い換えると、現代の調査はずっと未来の基準決定のための蓄積と言えるでしょう。

最終更新日 2013年03月05日

ページ上部へ