ホーム > 病院について > 基本理念・患者の権利

基本理念・患者の権利

国立循環器病研究センター理念

私たちは、国民の健康と幸福のため、高度専門医療研究センターとして循環器疾患の究明と制圧に挑みます。

基本方針

  1. 循環器病のモデル医療や世界の先端に立つ高度先駆的医療を提供します。
  2. 透明性と高い倫理性に基づいた安全で質の高い医療を実現します。
  3. 研究所と病院が一体となって循環器病の最先端の研究を推進します。
  4. 循環器病医療にかかわるさまざまな専門家とリーダーを育成します。
  5. 全職員が誇りとやりがいを持って働ける環境づくりを実践します。

医療の基本

私たちは、患者さんと医療者が情報と責任を共有して意思決定を行い、一緒になって、診断・治療に取り組むことが、医療の基本と考えています。
このような「患者さんと医療者のパートナーシップ」の下で最善の医療を実践していきます。

医療を受ける方の権利

国立循環器病研究センターは国の定める国立高度医療研究センターならびに特定機能病院として個人の人格を尊重し、相互の信頼に基づく最善の医療を提供します。

  • 安全で良質な医療を受けられます。
  • 納得のいく説明と十分な情報が受けられます。
  • 個人の情報は尊重され守られます。
  • 自らの意思で検査・治療を選択あるいは拒否ができます。
  • セカンドオピニオンを求めることができます。
  • 診療録の開示を求めることができます。

医療(いりょう)を受ける(うける)方(かた)(こども)の権利(けんり)

国立(こくりつ)循環器病(じゅんかんきびょう)研究(けんきゅう)センター(せんたー)は、こどもたちをいつも一人(ひとり)の人間(にんげん)として大切(たいせつ)にし、病気(びょうき)を良く(よく)するためにもっとも良い(よい)方法(ほうほう)をみんなで考え(かんがえ)、行い(おこない)ます
こどもたちは、

  • 病気(びょうき)を良く(よく)するために病院(びょういん)の人(ひと)たちがすることは、安全(あんぜん)な方法(ほうほう)で行って(おこなって)もらうことができます(安全(あんぜん)である権利(けんり))
  • 病気(びょうき)のことや、病気(びょうき)を良く(よく)するために病院(びょういん)の人(ひと)たちがすることや自分(じぶん)ができることについて、わかりやすく教えて(おしえて)もらうことができます(知る(しる)権利(けんり))
  • 病気(びょうき)のことや、病気(びょうき)を良く(よく)するために病院(びょういん)の人(ひと)たちや自分(じぶん)がすることについて、自分(じぶん)の気持ち(きもち)や考え方(かんがえかた)を伝えて(つたえて)、それを大切(たいせつ)にしてもらうことができます(参加(さんか)する権利(けんり))
  • 病気(びょうき)のことなど自分(じぶん)が秘密(ひみつ)にしたいことは、大切(たいせつ)にしてもらうことができます(プライバシー(ぷらいばしー)が守られる(まもられる)権利(けんり))
  • 入院(にゅういん)していても、できるだけ、遊んだ(あそんだ)り、勉強(べんきょう)したりする時間(じかん)を大切(たいせつ)にしてもらうことができます(遊ぶ(あそぶ)権利(けんり)、学ぶ(まなぶ)権利(けんり))
  • 病気(びょうき)を良く(よく)するために、大人(おとな)になるまでにできるようになっておかないといけないことを、成長(せいちょう)する中(なか)で少しずつ教えて(おしえて)もらうことができます(病気(びょうき)を持ち(もち)ながら育つ(そだつ)権利(けんり))

医療を受ける方へのお願い

  • 病気についての正確な情報を医療者に伝えてください。
  • 快適な医療環境を保つために病院の規則をお守りください。
  • 病院における研修・教育・研究にご理解・ご協力ください。

現在、医療機関においては近年の医療需要の高度化・複雑化に対応し、また限りある医療資源を有効活用するという観点とともに、医療を受ける立場から診療を受け患者となられる皆様方が初診から外来・入院の一貫した診療が受けられるよう、医療機関相互の機能分担と連携がとられています。

国立循環器病研究センターは、患者の皆様に循環器疾患の専門的で高度な医療を提供する位置づけにあります。そのため、診療におきましては各診療所・病院からの紹介制を原則としております。そして、センターでの診療を必要としない状態にまで症状が回復もしくはその状態にあることが解明されますと、紹介された医療機関等で再び診療をしていただくような制度をとらせていただいております。

循環器における高度専門医療を必要とされる患者さんに、適切に診療の機会が提供できるよう皆様方のご協力を切に希望いたします。

宗教的理由等による輸血拒否への対応方針

当センターでは、輸血をしなければ生命の危険性が大きい医療行為は無輸血では実施しません。
また絶対的無輸血*1による医療行為はいたしません。相対的無輸血*2で行い、必要な場合には輸血を実施します。
ご理解・ご協力のほどお願い致します。

*1 絶対的無輸血:いかなる場合にも輸血は行わず、その結果死亡に至ることが予測される場合でも輸血は実施しないこと
*2 相対的無輸血:できるかぎり輸血を避ける方針で治療に望むが、救命のために必要な場合には輸血を行うこと

最終更新日 2021年08月04日

ページ上部へ