ホーム > トピックス > 治験の算定基準改定について

治験の算定基準改定について

平成23年8月吉日

国立循環器病研究センター

先進医療・治験推進部

当施設は、平成22年度の独立行政法人化に合わせて、出来高制度及び複数年契約となり、また、長期に及ぶ治験件数の増加を受けて、CRC賃金及び委託料の算定基準を見直した結果、以下の如く変更させて頂くことと致しました。なお、この変更は平成23年8月以降の新規課題及び契約変更課題について適用させて頂きます。

また、今回の変更に伴い事務経費及び管理費の算定基準も変更いたします。

【現行】

Ⅰ,CRC賃金:臨床試験研究費×30%

委託料  :75,970円/年

Ⅱ,①謝金、②旅費、③臨床研究経費、④治験薬管理経費、⑤備品費、⑥賃金、⑦委託

、⑧被験者負担軽減費から算定される⑨事務経費(~の合計の10%)、

⑩管理費(~の合計30%)の算定基準

*治験医療機器の場合は、治験薬管理経費が含まれません。

【変更後】

Ⅰ,CRC賃金+委託料:80,000円/月

Ⅱ,①謝金、②旅費、③臨床研究経費、④治験薬管理経費、⑤備品費、⑥賃金、⑦被験者負担軽減費から算定される⑧事務経費~の合計の10%)

⑨管理費~の合計30%)の算定基準

*治験医療機器の場合は、治験薬管理経費が含まれません。

なお、治験を長期間の実施中の依頼者様は、今後のCRC賃金に関して個別にご相談させていただくことがありますのでご了承ください。

不明な点があれば先進医療・治験推進部 治験推進室 治験主任 松川(内線 2670)までお問い合わせ下さい。

最終更新日 2011年08月09日

ページ上部へ