ホーム > 医療人の育成 > 専攻医・専門修練医研修プログラムについて > 各部門のカリキュラム > 心臓血管外科部門

心臓血管外科部門

印刷用PDF

概要

国立循環器病研究センター(NCVC)心臓血管外科は、1977年の開設以来30,000例以上の心臓血管手術を行い、世界に誇る臨床成績をあげてきた国内随一の心臓血管外科部門です。この40年間の間、本部門より数多くのリーダー的心臓血管外科医が生まれ、全国各地から海外に至るまであらゆる世代で活躍中です。現在も、心臓血管外科領域のあらゆる疾患・手術を網羅し、そして最新の治療を先進的に開発・導入することで、量・質ともに世界最高の心臓血管外科部門を目指して発展を続けています。

NCVC心臓血管外科部門は、血管チーム、小児チーム、成人チームの3チームに分かれて診療にあたっています。合計年間1,200例を超える症例数を支え、更に発展させるために、NCVC心臓血管外科部門が最も重要視してきたのが、若手医師の修練です。新専門医制度の開始に合わせ修練プログラムを刷新し、1)技量、2)知識、3)業績、をより無駄なく獲得できる修練プログラムを組織しております。

最終更新日 2018年07月12日

ページ上部へ