ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 各部門のカリキュラム > 心臓血管外科部門 > 心臓血管外科部門 - 研修内容

心臓血管外科部門 - 研修内容

印刷用PDF

研修内容

ベーシック・プログラム

ベーシック・プログラムは、1)平成28年卒初期研修修了見込み者、2)平成27年以前卒の後期研修途中者、3)外科専門医取得済み(もしくは取得見込み)者、を対象としている。本プログラムの目標は、心臓血管外科一般の基礎の習得から技術を習熟し、さらに専門性を決定・追求することである。それに加えて、臨床研究を行い海外での研究発表・英語論文発表などの業績を残す。

卒後3-5年のこの時期は、個々の経験が今までの修練施設によって大きく異なり、その将来的な専門性に逡巡している。このベーシック・プログラムでは、個々の希望・技量・ステージに応じて、最長3年の間に柔軟にプログラムを組むことで、外科専門医取得に必要な経験を蓄積することを最低目標とし、心臓血管外科専門医申請のため必要な点数と業績を獲得することを目標に据える。

なお、平成30年3月に初期研修修了見込みで、所属すべき外科専門医プログラムが未定の場合は、NCVCと連携する外科専門医プログラムを紹介し、心臓血管外科研修をNCVCプログラムとするよう調整する。また所属する外科専門医プログラムがすでに決定している場合は、そのプログラム基幹施設と連絡を取りNCVCが連携病院となるように調整する。平成29年3月以前に初期研修を修了し、現在後期研修中の者、あるいは外科専門医取得済み(見込み)の場合、個々の希望と技量に合わせた適切なプログラムを組み、その実績に応じて、1~2年でのアドバンスト・プログラムへの移行を考慮する。

ベーシック・プログラム修了後は、1)アドバンスト・プログラムへの移行、2)基幹施設への帰還、3)海外留学、など、いずれも、全国各地から海外に至るまで多くの知己をもつスタッフが全面的にサポートする。

ベーシック・プログラムの手術経験マイルストーンと資格目標

血管外科 小児外科 心臓外科

1年目
・FA, FVの露出
・術者(末梢血管)
・開心術の第2助手

1年目
・術者(ASD, PM等)
・開心術の第2助手

1年目
・RA, SVGの採取
・開心術の第1, 2助手

2年目
・FA, FVの露出
・術者(AAA)
・開心術の第1,2助手

2年目
・術者(ASD, VSD等)
・開心術の第1, 2助手

2年目
・RA, SVGの採取
・標準手術の第1助手
・術者(AVRなど)

3年目
・術者(AAA~弓部置換)
・複雑手術の第1助手

3年目
・術者
・開心術(複雑症例含む)の第1助手

3年目
・ITAの採取
・複雑手術の第1助手
・術者(MVRなど)

外科専門医
心臓血管外科専門医

アドバンスト・プログラム

アドバンスト・プログラムは、外科専門医取得済み(取得見込み)かつ2~3年以上の心臓血管外科修練を終えている者を対象とする。本プログラムの目標は、心臓血管外科の専門性のいずれかを追求し、臨床力の成熟とそれに応じた学術業績を残すことで、独立した心臓血管外科医になるための礎を築くことである。

卒後6-10年のこの時期には、独立した心臓血管外科医になるために自らが必要とする技量・業績・資格などの具体的な目標が明確になっている。このアドバンスト・プログラムにおいては、個々の希望・技量・ステージに応じてさらに柔軟なプログラムを組み、プログラム中に心臓血管外科専門医を取得することを最低目標に、また各種認定医・実施医の獲得を目指す。

既に心臓血管外科専門医取得済み(もしくは見込み)で、血管内治療、小児複雑心疾患、移植・補助循環、MICSなど各種Subspecialtyを追求し、その技量・知識・資格を獲得することを希望する場合は、希望に応じて最低1年間のプログラムを組む。また、技量・業績・要望に応じて、連携大学院である東北大博士課程大学院、あるいは慶應義塾大学博士課程大学院への入学を考慮する。

アドバンスト・プログラム修了後は、1)若手スタッフへの昇格、2)基幹施設への帰還、3)連携施設への異動、4)海外留学、など、個人の希望を聞きながらスタッフが全面的にサポートする。

アドバンスト・プログラムの手術経験マイルストーンと資格目標

血管外科 小児外科 心臓外科

1年目
・急性大動脈解離の術者
・弓部大動脈瘤の術者
・胸腹部大動脈瘤の術者
・複雑症例の第1助手
・ステントグラフト術者

1年目
・乳児期VSDの術者
・TOFの術者
・AVSDの術者
・複雑症例の第1助手

1年目
・標準症例の術者
・複雑症例の第1助手
・MICS/Robotics
・TAVI
・VAD/移植
・Homograft
・再生医療

心臓血管外科専門医
日本循環器専門医
脈管専門医
ステントグラフト実施医・指導医
小児用補助人工心臓実施医
植込み型人工心臓実施医
移植認定医
組織移植認定医
再生医療認定医
博士課程大学院入学

キャリアパス

以下に、NCVC旧プログラム(レジデント3年、専門修練医2年)をもって、心臓血管外科修練を行った先輩たちの履歴を示します。現プログラム(ベーシック、アドバンスト)は、3年や2年といった決められた期間にとらわれず、個々の希望や技量とステージに応じて、柔軟にプログラムを組むことで、効率性を高めます。

血管外科

小児外科

心臓外科

2006年 
大阪市立大卒

2010年 
東邦大卒

2010年 
和歌山県立医大卒

2006-08年 初期研修

2010-11年 初期研修

2010-11年 初期研修

2009-11年 後期研修

2012年   後期研修


2012年他院
心臓血管外科スタッフ
弁置換 30例
弁形成3例
CABG 5例
腹部、末梢血管50例以上

2013-15年 
NCVC
レジデントプログラム

1年目
・ASD 2例執刀
・末梢血管 7例執刀

2012-14年 
NCVCレジデントプログラム

1年目

2年目
・ASD 15例執刀
・全国学会上級演題発表

2年目
・腹部置換 17例執刀
・左房粘液腫 2例執刀
・弁置換 3例執刀

3年目
・VSD 7例執刀
・その他 17例執刀
・年間症例の約半数(100例)の
第1助手(複雑症例含む)
・EACTS口演発表
・小児循環器学会発表
・胸部外科学会発表
・JAO第1著者

3年目
・弓部置換 5例執刀
・胸腹部置換 2例執刀
・弁置換 5例執刀
・胸部外科学会発表

2013-14年 
NCVC専門修練医プログラム

2016-17年 
NCVC専門修練医プログラム

2015-16年 
NCVC専門修練医プログラム

1年目
・腹部置換 8例執刀
・部分弓部置換 5例執刀
・弓部置換 3例執刀
・下行置換 3例執刀
・胸部外科、血管外科、
心臓血管外科学会発表

1年目
・VSD 14例執刀
・TOF 2例執刀
・pAVSD 2例執刀
・その他 16例執刀
・年間症例の約半数(100例)の
第1助手(複雑症例含む)
・小児循環器病学会シンポジウム発表
・心臓血管外科学会口演発表
・胸部外科学会ワークショップ発表
・ATS第1著者
・GTCS第1著者

1年目
・弁置換 10例執刀
・VAD 3例執刀
・EACTS口演発表

2年目
・腹部置換 10例執刀
・弓部置換 8例執刀
・部分弓部置換 6例執刀
・胸腹部置換 3例執刀
・日循、心臓血管外科学会
発表(シンポジウム)
・AATS poster presentation
・EACTS Oral presentation
・EJCVS 第1著者

2年目
・CABG 15例執刀
・弁置換 5例執刀
・弁形成 5例執刀
・VAD 3例執刀
・AATS口演発表
・JTCVS第1著者
・東北大学博士課程大学院入学

2015年 
NCVC
血管外科スタッフ

2017年 
NCVC
心臓外科スタッフ

・外科専門医
・心臓血管外科専門医
・組織移植認定医取得予定
・腹部ステントグラフト指導医
・胸部ステントグラフト実施医

・外科専門医
・心臓血管外科専門医
取得見込み

・外科専門医
・心臓血管外科専門医
・植込み型人工心臓実施医
・移植認定医
・組織移植認定医
取得見込み

最終更新日 2017年05月29日

ページ上部へ